カオスちゃんねる跡地

移転しました

移転しました

※カオスちゃんねる移転のお知らせ
カオスちゃんねるは移転しました。
お手数おかけして大変申し訳ありませんが、
リンク・ブックマーク等の変更をよろしくお願い致します。

移転先URL http://chaos2ch.com/
移転先RSS http://chaos2ch.com/index.rdf

携帯版移転先URL http://blog.m.livedoor.jp/chaos2ch/

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
    --:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


  • 芸術家ってどうやって評価されていくんだ?

    ] 2010/09/22(水)

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:16:00.07 ID:uS9TTtfT0
    芸術ってなんでこんなモノがwwwwってヤツがバカ高かったりするだろ?
    芸術家ってどこであんなものを発表して、自分の評価を上げていってんのか不思議でならん。
    なんか俺でもやれるんじゃね?とか変な気を持っちまうよな?



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:16:23.41 ID:AzU5rK7R0
    持たないよ



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:17:34.01 ID:uS9TTtfT0
    >>3
    だれでも一回くらいはあるだろwwwwwピカソとか見たらいけるんじゃね?って思うだろwwww





    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:19:10.51 ID:WdUue1K20
    俺でもやれんじゃね?と思われるようなことでも堂々とやってのけるのが芸術家
    俺でもやれんじゃね?と思っても何もやらないのが一般人



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:21:57.02 ID:
    uS9TTtfT0
    >>5
    俺も、どんな凡人も本気で打ち込めば芸術家になれると思うわwwwww
    要は自己表現なんだろ?誰にでもチャンスがあるんじゃね?





    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:22:50.03 ID:0J3wSbhnO
    ピカソはもともと、超絵上手いだろ
    なのに戦争をテーマにしてあんなグチャグチャな絵にしたからすげーんだろ
    政府に思想弾圧されて「おまえがこれを描いたのか」
    と軍のやつに聞かれて「描いたのはあなたたちだ」とか、かっこよすぎだろ





    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:26:39.02 ID:
    uS9TTtfT0
    >>9
    それは聞いたことあるわwwwかっけえwwwwwwwww
    でもさ、ピカソの描いた普通の作品みたけれど、そんなでもないぞ?
    他の著名な画家の方が断然上手いと思った。なのになんで評価されたんだ?

    俺の感覚がいじょうなのか?





    22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:49:55.38 ID:RNInGBYJO
    >>12
    ピカソが14才くらいの時に描いた鳩のスケッチみたことあるか?
    やべーぞ?

    ピカソは「鼻は鼻らしく」一番鼻に見えるように、「目は目らしく」一番見えるようにと描いたのがあの変な絵。
    誰もできないこと、気付かなかったことをやったからすごい。





    25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:53:19.12 ID:
    uS9TTtfT0
    >>22
    じゃあ、ピカソがすでにやってしまった、発見してしまった手法ってのは他の人がいくらやってもあまり評価されないわけか。





    36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:05:21.32 ID:cRIbydnPO
    >>25
    ピカソだけでなくすべてにおいて二番煎じは評価されないだろ

    科学や技術の発見も二番煎じじゃなにも驚かれない。
    芸術なんて表現を真似しようにも絶対オリジナルには勝てないだろうね。

    自分のスタイルを見つけてそれをとことん追及しなきゃ、みたいな世界なんじゃない?

    そこで初めて色んな人に見てもらって評価されたりする。





    14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:34:03.63 ID:
    uS9TTtfT0
    http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%94%E3%82%AB%E3%82%BD&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B3GGGL_jaJP238JP238&um=1&sa=N&tab=wi
    これ観てたら、リアルな絵もあるけれどそこまで凄いか?って思わね?
    リアルさで言ったら最近のCG絵描きの方が断然凄いだろ。





    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:24:09.42 ID:z4HSodCK0
    ヒント:平面性





    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:30:11.79 ID:
    uS9TTtfT0
    >>11
    3次元を2次元で表現してるってこと?

    ちなみに俺、先週ピカソの描いた本物の絵を見たんだよ。
    でもさ、あれ、近くで見たらタッチがすっげー荒い。もう激情で、一瞬で描いた感じ。
    それに馬鹿げた価値がつくんだぞ?丁寧に、計算尽された感じでもないのに。

    なんなの?やっぱり発想力とかインパクト勝負なの?





    15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:38:50.20 ID:0J3wSbhnO
    >>13
    キュビズムだって、ほかの方向から見たものを同じ視点で描こうなんて
    おまえ、これはスゲー発想だろ。アニメでいうとこの金田ジャンプ
    大張デザイン的な凄さだろ。この例えもアニメ知らないやつには
    まったく評価されないだろ?同じじゃね?





    18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:44:21.21 ID:
    uS9TTtfT0
    >>15
    だったら結局、オリジナリティ、自己表現とか感覚の具現化になっていくわけか。
    でも、普通の市場だったら上手い絵、優等生の作品しか受け入れてもらえなさそうじゃん。
    どこに出展するんだ、芸術家達って?





    20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:47:37.59 ID:0J3wSbhnO
    >>18
    普通の絵描きなら上手い絵描いてナンボだろうが
    ピカソはそれを戦争や外交的な舞台で発表したんだぜ?





    23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:50:28.48 ID:
    uS9TTtfT0
    >>20
    うーん、余計わからん。
    発表している場所や、題材が特殊だから評価されてる、って意味じゃないよな?
    ピカソだって裸婦像みたいなオーソドックスな題材で絵を描いてるし。

    職業画家と芸術家の違いとか、そういうことか?






    26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:55:11.97 ID:0J3wSbhnO
    >>23
    芸術家は絵を伝える手段にしてるから評価されるんじゃないか?
    上手い絵かく画家に「戦争とは何かを問いかける絵を描いてくれ」
    と言っても、そうそうかけないだろ






    32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:01:09.43 ID:
    26XHhp/P0
    >>26
    俺が気になるのは、ピカソは戦争の絵を依頼されて描いたんじゃなくて、自らの衝動で描いてるってこと。
    それをどうやって発表して、どんな人が欲しがったのかとかが気になる。

    というか、ちょっと俺もなにか描いてみて専門家に評価して貰いたいんだよwwwww
    でもどうすれば評価の対象になるのかわかんねーwwwww





    29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:58:39.12 ID:4iboTRMX0
    >>23
    ピカソも商業的なもの引き受けてなかったっけ?
    画家も「職業画家」「芸術家」をすり合わせて生計立てるんじゃないかな
    それにネームバリューは昔からあるしな

    最初から好き勝手やってるのは死んでから評価だったり(アウトサイダーアーティストってんだっけ?)
    バスキアみたいに著名人がバックアップみたいなラッキーボーイじゃなきゃ無理じゃね?











    38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:07:30.46 ID:
    26XHhp/P0
    >>29
    一番俺が不可解なのはゴッホの評価。
    生涯でたった一枚しか絵が売れなかったどころか専門家にボロクソ言われてたゴッホが、
    どうやって再評価の対象になって、天才の仲間入りを果たしたんだろうか。

    確かにゴッホの絵はすげーけれど。







    41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:11:55.87 ID:cRIbydnPO
    >>38
    お前はゴッホの何がすごいと思うんだ?
    どういうところがすごいと思うんだ?

    生きてるうちに全然売れず、死後に評価されるって
    時代がゴッホについていけなかったのかな お前はどう思う?





    45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:18:18.12 ID:
    26XHhp/P0
    >>41
    ゴッホの絵には凄味があると思うわ。強烈な印象とともに、感情や思想が流れ込んでくる感じ。
    当時は社会ががゴッホを評価できるほど視野が広くなかった、ってとこかな。良くは分からんが。
    でも、同じ時代のゴーギャンはしっかり評価されてたりするよな。ゴッホの何かいけなかったんだよwww
    やっぱり精神疾患者ってことで世間の先入観も大きかったのかな





    49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:25:29.76 ID:EX8/FFyF0
    >>45
    ゴッホはかわいい女の絵なんて一枚も書かないで
    農民とかそういうやつばっか描いてたしな
    弟が金全部あげて支援してたんだが、ゴッホはあんな絵しか描かんから
    周りの奴が「あいつ頭おかしいだろ、売りたきゃちゃんと描けよ」って
    なって住民投票で精神病院行きに。それでもあんなの描くゴッホ・・。

    ゴッホの絵に関しては、なぜゴッホの目には世界があんなふうに見えたんだろう?
    って考えてみるのがいいらしいぞ。あんたの言うようにきっとゴッホは
    感情込めてあの絵描いてたんだろうな




    34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:02:07.02 ID:H3b1w1RBO
    一応言っとくが、ピカソは、デッサンさしたら、神レベルだからな。
    それを超越して、あの一般人にはわからない画が書けるんだからな?
    勘違いすんなよ








    42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:12:13.42 ID:
    26XHhp/P0
    >>34
    分かる人にしか分からない絵ってどうなんだろうな。
    万人受けする絵は、どんな人にもそこそこ愛される。
    異端の絵は、極端な愛情と極端な批判の両方を受ける、みたいな感じか。





    44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:15:55.93 ID:b63fXx5NO
    >>42
    ヒロシマ、ナガサキで原爆落とされた状況を表現した絵って
    めちゃめちゃ多いんだが(絵本とかでも)見たことあるか?
    人の肌がただれて地面は真っ黒、草一つ生えてなくて
    中には子供を守るため子供に覆い被さったままどろどろになってる
    お母さんとかも描いてあるような絵





    48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:24:22.81 ID:
    26XHhp/P0

    >>44
    長崎出身だからめちゃんこ見てる。
    でも、ゲルニカはなんか異質だ、と思う。長崎・広島が題材の絵は悲惨さ、むごさを伝えるため、想像させる為に焼き付いてくる感じだが、
    ゲルニカはとにかくガンガン突き刺してくる印象だよな。




    55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:32:17.53 ID:EX8/FFyF0
    >>48
    ちゃんと調べてみたぜ
    スペイン北部の町ゲルニカは、人類史上初めて無差別爆撃を受けた悲劇の地だ。
    1937年4月、スペインの独裁者フランコ将軍は、抵抗勢力の拠点となっていたゲルニカ市を見せしめの為に壊滅させた
    (フランコは盟友ヒトラーに依頼して、ドイツ空軍に爆撃してもらった)。
    本作はパリ滞在中のピカソが、爆撃のニュースを聞いて2ヶ月で描きあげた。祖国で行なわれた蛮行に対する
    怒りと抗議、そして犠牲者への祈りを表した作品

    だってよ。きっとピカソがヒロシマナガサキの状況を絵にしたら
    もっとすげぇんだろうぜ・・。
    泣く女とかみたいな意味不明の絵だってちゃんと理由あった

    ピカソがやろうとしたことは、“絵はひとつの方向からしか描けない”
    という一般常識を打ち破り、複数の角度から見たモデルを同一画面に表現しただけ。
    人間という生き物は誰もが様々な側面を持っている(内面的にも)から
    色んな角度からその人を表現した方が、より現実に近いリアルな絵になると彼は考えた
    だってよ





    24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:51:21.44 ID:Z9xHAXZO0
    便乗厨に依るものが大きい
    誰かお偉いさんがこれは素敵だと言えば、みな追従する
    ピカソがその最たる例





    27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/21(月) 23:56:39.73 ID:
    uS9TTtfT0
    >>24
    著名人やブルジョアの評価ってやつ?世論を味方につけないとダメってことか。
    でも、どうやってピカソはあの一見すれば摩訶不思議な絵の前に権力者を引きつけることができたんだろうか?

    もう、場所とか環境とかではなく、才能や芸術的エネルギーの仕業としか説明できないのか?





    50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:26:17.20 ID:Zi1hOhOi0
    芸術家は富裕層のアイドル

    それなりの年齢で社会的に成功した人間が
    モー娘オタになるわけにもいかんので
    芸術やジャズにハマるわけです
    性欲も落ちてるしな


    >ちなみに俺、先週ピカソの描いた本物の絵を見たんだよ。
    >でもさ、あれ、近くで見たらタッチがすっげー荒い。もう激情で、一瞬で描いた感じ。
    >それに馬鹿げた価値がつくんだぞ?丁寧に、計算尽された感じでもないのに。

    これも理由は「アイドルだから」
    ガッキーが中学時代使ってたスク水とかファンなら欲しいだろ?
    「スク水」だけなら3000円くらいでも「ガッキーのスク水」なら30万はいく







    54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:32:12.54 ID:
    26XHhp/P0
    >>50
    うーん、そういう解釈に行きつくのかなぁ。
    ピカソが世間で評価される転機になった作品、いわば出世作を見れば何かわかる気がする。





    61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:37:13.04 ID:EX8/FFyF0
    >>54
    個人的な話になるけどさ、迷宮美術館とか美の巨人とかみたいな
    芸術番組やギャラリーフェイクみたいな漫画読んだら
    意外と分かるぜ。絵描くにしても、時代背景やその作家の心情や状況
    どんな環境でどんな対象を書いたかってのがちゃんとあるワケで

    それをちゃんと理解してて見るかどうかでは全く違うじゃん
    アメリカ人が時代劇見て「なんでみんなハゲてんの?」って思うか
    日本人が「お、こいつは成人してるのか」って思うかでは違うし





    58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:33:41.97 ID:r+H36yJL0
    芸術なんて曖昧なものだろ?
    どっかの偉い人がこの絵はすばらしいって言ったら
    周りのやつらもよく分からずにすばらしいんだって思うんだから




    64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:39:49.62 ID:Zi1hOhOi0
    >>58
    >この絵はすばらしい


    この「すばらしい」自体もうさんくさい

    いまや美術品は金持ちの投機対象という扱いがメインで
    「安く買って高く売る」を成立させるために関係筋に金握らせて
    評価をデッチアゲたりしてるし





    68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:41:38.50 ID:Zi1hOhOi0
    a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/村上隆" target="_blank">村上隆なら俺の見解に「うんうん」と言うだろう







    71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:43:17.34 ID:EX8/FFyF0
    >>68
    あいつは芸術家にバカにされながらも努力し続けて
    実際に成功したからな。さすがの村上隆でも「うんうん」しか言わないだろうな





    67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:41:19.89 ID:kcCKow7c0
    >>1 もしそれで生計を立てたいのなら
    商業芸術にしやさんせ





    72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:44:36.06 ID:Zi1hOhOi0
    >>67
    商業芸術なんてジャンルはない
    芸術は基本的に「商売」だ

    原始人の壁画くらいだろうな商業芸術じゃないのは





    74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:45:22.05 ID:LyIFYXlt0
    芸術は商売じゃないだろ





    89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:55:43.37 ID:
    26XHhp/P0
    >>74
    芸術家は表現者であって、共感者が現れるのを待つしかないんかな





    92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 00:58:19.06 ID:kcCKow7c0
    あとアニメ エヴァンゲリオンみたく

    アンノの支離滅裂なオナニー映画も商業的に成功していれば、

    おえらい学者や評論家が適当に解釈つけてくれる錬金術もあるわな 

    いまやアンノも芸術家きどり






    94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 01:02:24.60 ID:Zi1hOhOi0
    金持ちや地位の高い人間が興味示してることを
    「あれは高尚なものだ」と考えて真似したがる平民はいつの世にもいる

    売春してまでブランドバッグを買い漁る労働者階級の娘とかな

    そういう下々の人間を見て「まあ、はしたない」「似合ってないわねうふふ」
    と笑ってやるのも貴族の娯楽

    これをやるのは主に淑女だが





    95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 01:05:58.53 ID:EX8/FFyF0
    >>94
    いやいや、だからさ「すげー絵を買ってるから俺も金持ち」みたいな
    やつはそれで良いじゃん。値段と社会の目だけでしか価値見出せないんだから
    別に高い金出さなくても、その作家の人となり知って
    美術展見に行って「あれはそういうことだったのか」って思うだけで
    金持ち道楽を真似するよりもたくさんの感動味わえるんだから

    それができるんなら充分じゃないか?




    129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:15:13.53 ID:cxG/Td8K0
    そもそも1枚の絵に何億って金払ってどうすんだ?
    ピカソが好きなら本屋で画集でも買って
    額縁にでも入れて壁に飾っとけよって話だよな。
    そのほうが安上がりだし。

    なぜそれをしないか、やはり芸術は金持ちの娯楽にしかすぎないから。





    130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:17:30.17 ID:
    26XHhp/P0
    本物が持つ迫力とかじゃないの?
    もはや歴史的価値とかヴィンテージ的な意味合いが深いのかな





    133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:22:19.24 ID:3Cy4yVwS0
    >>129
    ダイヤモンドの宝石とか金の延べ棒みたいなもんじゃね
    貨幣の価値なんざ流動的なもんだけどピカソとかだったら価値が急に下落することもないだろうし
    んで文化に理解がありますよって顔もできる
    いざとなったら売って金に換えればいい





    134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:23:21.46 ID:zWJWrWz90
    >>129
    志田未来のパンツと
    同じ新品のパンツみたいなもんか





    136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:23:44.97 ID:
    26XHhp/P0
    金銭的や商業的な成功ではなくて、一見理解不能とも思われる芸術作品が
    どのようにして認められ、一種のスタンダードになっていったのか?
    っていう意味での評価の話なんだけど





    139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:25:13.72 ID:Zi1hOhOi0
    >>136
    ウォーホルに学べ










    144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:29:26.36 ID:3Cy4yVwS0
    芸術といってもいろいろあるけど現代アートは本当に魑魅魍魎の世界
    資本主義ですから






    145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:33:42.00 ID:Zi1hOhOi0
    >>144
    イメージに目がくらんだあほどもにはそれが理解できんのです

    あほほど騙されたがる




    147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:34:18.54 ID:0DQmELrYO
    価値はアートの文脈に組み込まれることではじめて説得力を得て価値がつく
    単純な美しさだけでは時間の洗礼に耐えられない

    デュシャンの便器やハーストのダイヤのスカルはその時代のアート自体を表現している








    161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:52:05.40 ID:0DQmELrYO
    浮世絵は江戸時代の大量生産品じゃないか?ウォーホルの作品だってある意味大量生産






    167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 02:56:29.38 ID:3Cy4yVwS0
    >>161
    浮世絵は芸術的な評価されるようになったのは後世だからねえ
    特に馬鹿高い値段がつくようになったのは
    一緒にはできないと思う

    ウォーホルは売り手が優秀だったんじゃね





    171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:02:22.28 ID:0DQmELrYO
    浮世絵は西洋美術の歴史を補完する素材として価値がついた。らしいね





    174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:06:08.84 ID:
    26XHhp/P0
    影のない世界、シンプルかつ大胆な構図ってやつか。
    昔から日本人は線画得意だよな。現在のアニメ・漫画然り。
    海外の美術は影とか立体を強調するからCGが発達したりしたのかな









    175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:08:24.75 ID:3Cy4yVwS0
    浮世絵の場合でさらにいうとオリエンタリズムもあるんだろう
    東洋の神秘ってやつ
    西洋人は大概それでだまされる
    フランス人とか





    176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:11:30.13 ID:Zi1hOhOi0
    >>175
    日本人だけが白人に憧れてて舶来品ありがたがってるわけじゃないからね

    白人は白人で東洋にコンプレックスがある




    179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:16:14.23 ID:DIr0ybvf0
    東洋人が感じてる白人コンプレックスと
    白人の東洋コンプレックスとは度合いも種類も違うと思うけどな





    182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:19:32.11 ID:3Cy4yVwS0
    >>179
    前者はしたから上を見上げる感じで後者は上から見下ろされてる感じだな
    オリエンタリズムは差別って批判した人もいたっけ




    183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:21:27.26 ID:Zi1hOhOi0
    >>182
    大人の言う「子供は純粋」に似てるかも




    186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 03:37:09.87 ID:0DQmELrYO
    ただ目新しいだけならもう飽きられてるだろうし、高値がつくわけない

    自分達にどのような影響を与えたか、歴史的意義はなにか、投機の対象として考えるとそれくらい裏付けがないと価値はでないんじゃないか





    196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/22(火) 06:59:44.92 ID:x4ViFir10
    VIPの最高にセンスのいいクソスレが
    一般人にどれくらい評価されると思ってるんだ
    つまりはそーゆーことだ








    類似記事

    ピカソって何が凄いの?みんな分かったフリしてるだけだろ?



  • はてなブックマーク - 芸術家ってどうやって評価されていくんだ?
    同じカテゴリーの記事
    17:46 | トラックバック:0 | コメント:33 | 先頭 | TOP



  • トラックバックURLは http://chaosch.blog106.fc2.com/tb.php/348-e59163dd

    トラックバック


    コメント

    by名無しカオス : URL
    一人に評価されなかったとしても二人居ればどちらかには評価されるかもしれない
    それが大きくなっただけだよ
    234448/2010/09/22(水) 18:06:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    確かにゲルニカは凄いと感じるけど戦争をテーマにして描いたと言われずに初めて見たら俺はふーんって思うだけだろうな
    234449/2010/09/22(水) 18:07:00 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術は甘え
    234450/2010/09/22(水) 18:12:39 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    なんかこういうスレで必ずウォーホルが上がってくるけどなんでなんだwしかも的外れだし
    ウォーホルは芸術家でもなんでもねぇよ、ただのデザイナーだ
    個という概念を捨て商業的にクライアントの要求に応える事に徹底したのがウォーホル
    この精神を芸術というのならわからんでもないが作品だされてどうこう言われても笑うしかない
    234451/2010/09/22(水) 18:13:07 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術は時代を創り、時代は芸術を創る
    っていう格言には納得した
    234453/2010/09/22(水) 18:16:54 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※234450
    どうも・・・甘え厨さん
    234454/2010/09/22(水) 18:33:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ここ復活してたんだ 
    うれしー
    234455/2010/09/22(水) 18:54:36 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    どうして芸術の話になると小学生レベルの知識からの見解の議論ごっこで満足しちゃうのかな?
    先進国にとって芸術ってそんなに軽いものじゃないのは欧米見てれば分かるだろうに
    234456/2010/09/22(水) 18:56:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術家という職業は別に悪くないと思うけど
    芸術家目指してる大学生とかは現実見てんのかな?
    あいつらプロになれなかったらただの馬鹿だろ
    234457/2010/09/22(水) 19:25:03 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    頭の中が印象批評の段階で停止してるのに芸術を語りだすと滑稽になる
    234458/2010/09/22(水) 19:27:15 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    今はどうだか知らないけど、昔の芸術家は
    仕事として依頼されて作品を作る(主に肖像画)→その作品が金持ち連中の間で評判になる→依頼の条件がゆるくなり、自分の描きたい物を描いても評価される。
    か、
    とにかく自分の描きたい物を描く→それを美術展に出品したり、画廊に置いてもらったりする→偶然、感性を同じくする金持ちの目にとまる→その金持ちにパトロンになってもらって思い切り描く→芸術家が生きているうちに広く認められれば独立する。 そうでなければ、パトロンの家に保管されていた作品が後世に評価される事がある。
    って感じだと思う。

    あと、投機のつもりで芸術作品に接してる人間はともかくとして、
    作品に惚れて作家を支援したり
    手に入れるために大枚はたく人間の心理ってのは
    「恋」してる様なもんだよ。
    恋してるから写真よりも本物がほしい。
    だって、本物を自分が手に入れなきゃ
    その作品が誰にどんな目に合わされるかわからねーじゃねぇか。
    だから自分の手元に置いておきたいんだよ。
    234459/2010/09/22(水) 19:34:25 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ピカソの素描は本当にすごい。
    だからこそ、アレだけぶっ飛んだ絵画が産まれる。

    アラーキーもそう。
    彼の撮る写真はテキトーに見られることのほうが多いが、基礎はしっかりしている。

    ゴッホが受け入れられなかったのは、彼の表現手法が一歩も二歩も先んじていたから。
    234460/2010/09/22(水) 19:40:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※234457
    美大に行ってるヤツはたいがい家が金持ち
    ソースは美大出の俺(の友達はみんな金に困ってない)

    現実を知ってる貧乏人は高校の美術の先生などやりながら
    公募展に出品したりとか
    234461/2010/09/22(水) 19:50:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    よく言われるだろ
    「あいつら未来に生きてるな」
    って
    未来に生きてる人々の価値観ってものがあるんだよ
    234462/2010/09/22(水) 20:01:29 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    カオスちゃんねる復活したのか!!!!
    まじでうれしいぜ
    234463/2010/09/22(水) 20:19:42 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    評価されている芸術家を「俺でもできるw」って言えるのは結局本気で作品を作った経験が無いから出てくる言葉なんだよね。
    例えば一度本気で絵画の世界に入ろうと必死に絵を練習勉強して自分のレベルを理解すると、今までただのガキの落書きに見えていた絵が
    「自分には到底描けない」って評価に変わったりする。例外もあるけど

    結局無知だから偉そうなことが言える

    芸術家はブランド品持ちとは違うし
    たまたま表現することが一番魅力的に見えたからその道に進んだんだろ
    234466/2010/09/22(水) 20:46:35 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術はれっきとした学問 日々新たな価値観、定理を模索してる ただあまりにも一般人の思惟を超えたところにいるため一般人にはそれが理解できない
    234468/2010/09/22(水) 21:12:12 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    自分でも出来るんじゃね?って思ったらとっとと何か作ってみろよ。凡人と天才の差を実感するからさ。
    234469/2010/09/22(水) 21:14:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ガッキーのスク水なら300万円は出す
    234470/2010/09/22(水) 21:20:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    美大生が通ります。
    ※234468の言うとおり、アートの世界は単純そうでもの凄く複雑。
    時代背景やらよく勉強しないで色々言うのは、馬鹿ですって言っているようなもの。
    それに写真みて描けそうって思っても、実物は馬鹿でかかったり、
    写真には出ない複雑な絵肌があったりもするんだよね。


    終わりがない学問とも言えるから知れば知るほど面白い世界なんだけど、
    一般人だとそこまで触れるきっかけがないのは問題だと思う。
    234472/2010/09/22(水) 21:40:34 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    とりあえずお前らコメ欄で長文乙
    234474/2010/09/22(水) 22:16:38 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※234472
    ちょっともにょったので。
    一般人がバックボーン理解せずに
    感想いうのが馬鹿と言ってるようというのはどうかなと。
    ただ絵をみて感想をいうのもそれもありだろう。

    芸術を作ってる!という人達の
    作品の作った経緯まで知って理解してそれから評価しろ。
    という空気が苦手だ。

    というか終わりがある学問ってあんの…?


    分かりにくい文ですまそ。
    234475/2010/09/22(水) 22:47:40 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術家気取りの
    作品のバックボーン理解してから評価しろっていうのが嫌い。
    234476/2010/09/22(水) 22:49:31 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>234474
    なんか言葉が強すぎた。ごめん。
    その鑑賞の仕方はべつに間違っていないです。
    ただその鑑賞方法が全く通用しないものが
    どんどん主流になってきて、今やもう謎解きゲームになってきてる。
    鑑賞方法がわかるとすっごく楽しい世界なんだけど
    表面的なわかりやすさがなくて鑑賞者に一定の知識を要求したりもする。
    そういうルールがあるものに、わかんないの一点張りで
    偏見を持って批判する人が多いんだって言いたかった。
    このへんは日本の美術教育の問題とか俺みたいな
    誤解を与える人間のせいでもある。


    終わりがある学問なんかないね。恥ずかしい。

    234478/2010/09/22(水) 23:58:15 #-[ 編集]


    by  : URL
    現代で認められるにはやっぱいろんな絵画展に出し続けて賞とかの評価を得るのが正道じゃね
    とりあえず描きまくって知名度を得ないと
    234483/2010/09/23(木) 00:33:11 #-[ 編集]


    by  : URL
    よく分からないものが流行ったりするだろ?
    どんな馬鹿らしいものでも流行は作り出すことができる

    才能なくてもきっかけさえあれば>>1の適当な絵が流行ることもあるだろ
    234484/2010/09/23(木) 00:37:12 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    なんとなくカッコいいから価値があるんだろ
    234501/2010/09/23(木) 17:47:40 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    現代芸術はとんでもなく空気読める奴しか参加できない
    芸術が扱う対象は二次元的なものから三次元的なものになっていて、それが理解できないと現代芸術の楽しみ方が
    理解できないだろう
    234503/2010/09/23(木) 19:23:04 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    芸術ってやったもん勝ちで、後は作者の口の上手さ。如何に影響力のある評論家に気に入られるかなんだよな。
    234548/2010/09/24(金) 14:45:38 #-[ 編集]


    by  : URL
    芸術とは比類なき個性。
    つまり、ピカソの絵を真似ただけでは芸術家にはなれない。
    上手い下手は関係なく他に類を見ない作品を作り出せば、
    評価され芸術家になれる。
    234614/2010/09/25(土) 20:57:43 #3/VKSDZ2[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ゲージツなんざ、評論家がタダ同然のゴミに”これはすばらしい”っていえば値段がつくっていう錬金術だよ。

    さらに、オークションに金を出してくれるパトロンさえいれば

    パトロンが何億円で落札→購入後パトロンに資金返還

    で何億の作品をつくった芸術家が誕生する。評価もいらない。
    以後の作品を高額購入するバカがでてくる→パトロンに何%かマージン支払う・・で、バカ以外みんなお金持ちになれる。ホントに錬金術だよな。
    234644/2010/09/26(日) 11:56:20 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    結局、20世紀以降、メインカルチャーが一般大衆に理解されない性質の物になってしまったために
    サブカルチャーが発展することになったのかなぁ
      
    ピカソみたいな真に革新性のある芸術はすばらしいと思うけど、
    わけわかんない作品を作って、「これはゲージツです。私ゲージツカです」って言っちゃってる連中は好きになれない
    234645/2010/09/26(日) 12:23:41 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    よー分からんけど、自分でどう思うかを日本人はもっと大事にした方がいいと思うよ。みんながすごいっていうからすごいんだ、じゃなくて。だから、僕はゴッホは好きだけどモネはぴんと来ない。それで終わり。
    234685/2010/09/26(日) 23:36:44 #-[ 編集]



    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    | このページの先頭へ |

    カテゴリー

    逆アクセスランキング

    管理人お勧め記事

    はてな人気記事

    最近の記事

    最近のコメント

    リンク集

    過去ログ

    2010年 11月 【9件】
    2010年 10月 【75件】
    2010年 09月 【40件】
    2008年 01月 【14件】
    2007年 12月 【38件】
    2007年 11月 【54件】
    2007年 10月 【69件】
    2007年 09月 【83件】
    2007年 08月 【45件】

    あわせて読みたい

    あわせて読みたい
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。