カオスちゃんねる跡地

移転しました

移転しました

※カオスちゃんねる移転のお知らせ
カオスちゃんねるは移転しました。
お手数おかけして大変申し訳ありませんが、
リンク・ブックマーク等の変更をよろしくお願い致します。

移転先URL http://chaos2ch.com/
移転先RSS http://chaos2ch.com/index.rdf

携帯版移転先URL http://blog.m.livedoor.jp/chaos2ch/

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
    --:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


  • 小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」完全版つくろうぜ

    ] 2010/09/26(日)

    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 15:59:41.35 ID:uIH3jmAIO

    小説
    「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
    ケータイ小説 
     「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」
    ラノベ
    「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
    そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」
    山田悠介
    「後ろで大きな爆発音の音がした。俺はびっくりして驚いた。振り返った。」
    司馬遼太郎
     「(爆発--)であった。余談だが、日本に初めて兵器としての火薬がもたらされたのは元寇の頃である…」
    荒木飛呂彦
     「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」
    村上龍
    「後ろで爆発音がした、汚い猫が逃げる、乞食の老婆が嘔吐して吐瀉物が足にかかる、
     俺はその中のトマトを思い切り踏み潰し、振り返った。」
    奈須きのこ
    「爆発があったのは昨日のことだっただろうか。
    ――突如、背後から爆発音が鳴り響いた。その刹那、俺はダレよりも疾く振り返る―――ッ!」
    矢口真里 
    「子供の頃からボンバーマンが大好きで、爆発音がしたらつい後ろを向いちゃうんです。多分、芸能界では一番マニアックなボンバーマン好きだと思いますよ。
    京極夏彦
    「凄まじい音とともに地面が揺れる。――爆発、ですか?私が問うと、
     彼は白湯とさして変わらぬ出涸らしをすすり、
    ――だから何だと言うのか。と答えた。りん、と、何処かで風鈴の音がした。」

    これ以外もつくろうぞ



    3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:04:07.47 ID:xdYJ9u/s0


    久保帯人「背後から爆発音・・・だと・・・!?オレは驚愕し後ろを振り向いた」



    433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 21:32:44.87 ID:2GFZ0sQvO


    ズ…・・┣''ォ ̄/
    「!」バッ
    ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
    「なん…だと…?」
    ドドドドドドドドドドドドドド┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"
    「嘘…だろ…?」
    ドドドド゙ドドドドドドドドドドドドド┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"
    「どういうことだよ……!」
    「どうして!爆発が俺の後ろで起こってんだよ!!」
    ┣'' ̄/!!
    「解せない、という顔だな」
    「知りたいか?」





    4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:05:24.67 ID:37C4oMi3O

    池上彰がない





    5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:06:13.17 ID:uIH3jmAIO

    ◆池上彰
    「じゃあ、そもそも爆発って何なんでしょう皆さん気になりますよね?
     そこで図を用意しました ちょっと後ろを見てください」





    8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:08:40.34 ID:VfZu+YxS0

    >>5
    ワロタww





    78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:10:57.41 ID:vZ8ovz6U0

    >>5がすぐに脳内再生された





    9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 16:11:14.91 ID:Jnq1lVv30

    状況説明になってるけど司馬さんは
    「(爆発音うんたら)実をいえばこれは敵軍にとっても想定外の事故であったのだが、無論今の彼にはそれを知る術もなく
     この情報が伝わっていたならばこの後の歴史はまた別のものとなっていたかもしれない」
    とか書いてるイメージ





    11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:12:44.31 ID:2CRLMJTfO

    久米田康治
    「爆発・・・爆発ねえ・・・あの程度の爆発などまだ序の口。世の中には、もっと恐ろしい爆発が存在するのです!」

    こんな感じか





    12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:12:46.33 ID:SCXyEJU4O

    春樹「爆発というものを想像するとき、僕は夏の夜に流れる星のイメージに捕らわれる。それは恐ろしく儚く、そして短い生命なのだ。だから、僕は常に混乱する」





    14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:15:55.93 ID:i8gRt11sO

    北方謙三

    空気が、震えた
    猛狂うような爆発音に振り返ると、青山の乗っていたメルセデスが夕陽と同じ色の炎に包まれていた
    佐山は腹の底から雄叫びをあげた






    15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:21:39.58 ID:REmjFGbu0

    夢野久作
    「……ドオオ―――ンンン――――ンンンン……………。
    いやいや。バクハツだバクハツだ……そんな馬鹿な……不思議な事が……アハハハ……。
    私は振り返り、思わず笑いかけたが、その笑いは私の顔面筋肉に凍り付いたまま動かなくなった。」

    こんなもんじゃね?




    18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:33:32.68 ID:fT4/3Y600

    夏目漱石
    「後ろからぼかん、という音がした。我輩はまた白君がどこぞの酒屋の一斗缶を倒したのかとおもうと、どうもちがうらしい。
    ちらと音のしたほうを振り返ると同時に、硝煙が我輩の鼻をくすぐった。」





    69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 18:31:22.19 ID:DN8va7N3O

    >>18
    これ好きだわ





    20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:36:01.09 ID:JSMg8+HdO

    水木しげる

    「ウワーーッ!」





    23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 16:39:27.10 ID:flk0VJDW0 ?2BP(2000)

    sssp://img.2ch.net/ico/ne.gif
    成田良悟…重い浮かばなお





    71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 18:43:21.89 ID:3t7q69WSO

    >>23
    「なんだなんだ?」「爆発!?」「爆発だ!」「ああ爆発たな」「TNTか!」「ニトロだな」「ダイナマイト!?」
    「確かにお前の胸はダイナマイトだな」「ヒャッハー!」「巨乳には興味無いな」「ロリコンだ!?」「おい爆発はいいのか!?」
    「ぶっちゃけ興味ねえ」「ヒャッハー!」「じゃあ帰るか」「待て俺はロリコンじゃない」「帰ろうぜ」ry

    こんな感じ?




    26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:40:53.29 ID:O0pNZQ7t0

    夢枕獏
    「ごう、とはぜるような音がした。」





    149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:50:52.88 ID:TUb3l95nO

    夢枕獏

    「なにやら爆発音がしたな」
    「うむ」
    「ゆくか?」
    「ゆこう」
    「ゆこう」
     そういうことになった。





    28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 16:54:48.38 ID:Gu2Xbe9kO

    稲川淳二
    「ある一人の女の子がですね、こう、人気のない、くらーい道を歩いていたわけですよ」
    「そうすると後ろから、ドカーン!ドカーン!って爆発音がするもんで」
    「いやだなー怖いなーと思いながら、その子は振り返ったんですよ。すると…」







    32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:06:28.05 ID:IlMTLe9JO

    松尾スズキ

    「そしたら背後からでっかい爆発音が
    ええ、そりゃ振り返りますよ
    振り返りますとも
    人間だもの」





    33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:08:20.42 ID:t2nr45y00

    渡部陽一
    「そのとき 後ろで 大きな 爆発音がしたんです
     わたしは ひどくおどろき おもわず振り返りました」




    37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:21:13.56 ID:OqY5LtBaO

    工藤直子

    おれはばくだん

    だいなま いとう

    おう せんそうだぜ
    おれはげんきだぜ
    せんそうだぜ
    あまりちかよるな
    ひがしのそらが
    どきどきするほど
    ひかってるぜ





    38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:21:56.22 ID:mN+w3dzaP

    ドストエフスキー
    そのとき、彼のうしろから爆発音がした。彼の顔は瞬時に真っ青になった。しばらくのあいだ立ちすくんでいたが、
    そんな自分を恥じるかのように「――ちぇっ!爆発音なんかが、このおれに一体なんの関係があるというのだ」
    と独りごちながら、ゆっくりとうしろをふり返った。





    40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:26:20.66 ID:WXQaAr/H0

    ドストエフスキー
    背後で爆発音が聞こえたのは、私がクズネチヌイ横町の角に間借りしていた、
    薄暗くじめじめした恐ろしく狭い部屋で、家主のマスロボーエワ婦人が差し入れてくれた
    パンの最後に残った欠片を、寒さに震えながらかじっていた時のことである。

    振り返れなかったwww >>38か





    41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:27:22.96 ID:IKjp441j0

    北野勇作

    後ろで何かが爆発したような音が聞こえた気がした。たしかに他の人は振り返っているように見え
    るし、何か起こったことは間違いないのであろう。
    しかしまあ、振り返らずにあれこれ悩んでも仕方がないから、とりあえず振り返っておくことにした。




    49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:35:01.43 ID:3L9nFPJPO

    >>41
    北野勇作


    あれ
    あれれ
    どうした
    なんだろう
    後ろで爆音が
    聞こえてきたぞ
    驚いて振り返ると
    そこには無数の
    牛と鶏と蛙が
    頭を開けて
    いたので
    ボクは
    いま



    こうだろ




    42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:27:31.51 ID:yWpBxqadO

    鳥山明「ドゥオーーーーン 「!?」 バッ」





    45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:30:44.74 ID:3NmYY7KQ0

    神林長平「爆発―――正午、MUは来ない。」





    46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:31:44.17 ID:mN+w3dzaP

    ニーチェ
    背後における爆発音とは、人が振り向かずにはいられないなにものかである。

    ウィトゲンシュタイン
    「背後で爆発音がした――ということはつまり、爆発があったのだ。」人はこのようなことを言いたがる。
    爆発のあとに爆発音があったのではない――それならば爆発のない爆発音というものが考えられなければならない
    ――そうではなくて、爆発音こそがわれわれにおいて、われわれに先んじて爆発を生じせしめたなにものかである。
    それを確かめるためにはどうしたらいいか――振り返ればいいのである。





    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:40:16.94 ID:981UjkuX0

    ハイデガー
    爆発とはそれがそこにおいてあるところの存在者が、己の存在を開示するところの一つのあり方である。
    現存在が爆発を背後にて聞くとき、次のことが起こる。
    すなわち、世界-内-存在の、存在者の存在を感じ取りつつの、死への恐怖からして自らの生の企投へ向けて己を-振り返ること、これである。

    ウィトゲンシュタイン
    犬は爆発しても振り返らないのか?――振り返るのだ。
    しかしこのことは、人間は犬であるということを意味しない。

    ニーチェ
    爆発! 爆発! 爆発!
    おお、その時ツァラトゥストラの背後を人間たちの爆発が襲った。
    ツァラトゥストラは恐怖を覚えながら静かに振り返った……






    47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:34:40.95 ID:prX/ki+FO

    中学生

    背後から轟音と共に激しい灼熱の炎が俺の身体を呑み込んだ、
    何かが爆発したのだ
    しかし、頭がそれを理解するよりも速くに、右腕に眠る『漆黒の羽衣』が俺の身体を覆っていた





    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:40:07.16 ID:iYj7WBTjO

    エロゲデブ

    それは地の底にまで響くかと思われる程強烈な爆発であった。俺は振り向いた。
    この世の終わりを告げるような閃光。一瞬遅れて炎で熱せられた風が頬に当たる。逃げ遅れた友人の破片が飛び散り自分の目の前に落下し、嫌な音をたてた。
    鉄と焔の暴力にあおられながら俺は全力で駆けた。





    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:50:33.91 ID:joJwGZun0

    鳩山
    わたくしとしては振り返る必要があるのではないかと思っておりそのように確信もしておりますが、
    一方におきましては爆発がなかったのではないかという御意見も頂戴しておりますので
    今後の推移を見守りながら爆発があったかどうかなどの事実関係も含めて国民の皆様の意見なども
    参考にしまして関係機関との協議を十分に進めた上でどのように対処していくべきであるかという
    方針を決定するために全力で努力すべきであるとわたくしはそう思っております。





    55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 17:54:39.22 ID:3L9nFPJPO

    田中啓文

    彼が道を歩いていると突然後ろから、どごおおおんと何かが爆発する音がした。
    驚いて振り返ると、そこには筋肉質の男二人が艶めかしく抱き合っているのが見えた。
    しばらくした後、彼はこう言った。
    「ナルホド、『爆発はゲイ術』っちゅーことかい、こりゃ一本とられたわ、ガハハハハ」





    58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 17:58:14.92 ID:ovSlYuot0

    カイジ
    「ドカン・・・・・・ドカン・・・・・・・・・・」





    152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:08:08.07 ID:/g8g2Y7b0

    福本伸行
    「ドカーン!背後で起こった未曾有の大爆発・・・だが振り返ってどうなる・・・後ろで何が起ころうが前に進むしかねえだろうが・・・」





    59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 18:00:27.90 ID:ZNtYrBNO0

    尾田栄一郎
    「ドン!」




    64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:16:38.42 ID:a+zmK8B10

    >>59ワロタ




    60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:02:45.18 ID:981UjkuX0

    ラッセル
    ∃x(∀y(fxy→tx))

    プラトン
    ソクラテス「ねえ、ゼウスに誓って言うが、アルキビアデス、
    僕の背後で爆発音がしたから僕は振り返った、どうやら君はこういうようだね」






    62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:05:36.16 ID:P1mJEulK0

    ラヴクラフト

    背後で耳を聾するようなおぞましい爆音が轟くと、何とも名状しがたき臭気が這うようにこちらへ迫ってきた。
    私は慄然たる思いで後ろを振り向き、その冒涜的光景をこの目で凝視したのであった。





    63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:13:02.37 ID:SmCYM7CtO

    シャドウゲイト

    (爆発音)
    はいごで すさまじい ばくはつの おとがした。
    わたしが ふりかえると そこは いちめんの ひのうみだ。

    「うおーーー!」
    わたしは さけびごえを あげ ほのおのなかに ホップ・ステップ・ジャンプ……かーるいす!
    わたしは もえつきてしまった。

    ざんねん!
    わたしの ぼうけんは ここで おわってしまった!





    65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:16:58.66 ID:CTXqKtVB0

    柳田國男
    遠野郷にてはあやしの音の聞こゆること珍しからず。ある男、茸を採るとて奥山に入りしに、
    背中よりどおんと言うけたたましき音聞こえ胸を轟かしたることあり。
    振り返り見ても何事もなし。男は恐ろしくなりて急ぎ山を下りて遁げ帰りぬ。天狗なめしのごときものならんか。





    66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:23:45.82 ID:i8gRt11sO

    key

    背後で爆発音がした
    坂の途中で足を止め、ゆっくりと振り返る
    燃えているのは…
    俺の過去のような気がして…
    「行きましょう」
    彼女が俺を促す
    ―あぁ、行こう
    ――どこまでも
    ―――2人で





    67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:29:04.37 ID:opYHlS3bO

    西尾

    ぼくの背後で衝撃が走った。
    それは躊躇も無く、遠慮も無く、情緒も無く、その場に在ったモノを蹂躙し尽くす。
    振り返って、それが爆発だと気付いた時には、全てが凄惨に清算されていた。




    68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:29:40.70 ID:20o1cqwR0

    西尾っぽいwwww




    70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:40:11.68 ID:3L9nFPJPO

    伊坂幸太郎

    彼は鼻歌まじりにボブディランの「風に吹かれて」を歌いながら、マンションの一室を物色していた。金目のモノだけを適当にバッグに入れて立ち去ろうとしたとき、後ろで爆発音がした。
    驚いて後ろを振り返ろうとした時、天井から人が降ってきてこう言った。
    「びっくりした?」





    72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 18:47:05.35 ID:r1ZWYP57O

    英語の教科書

    An explosion sounded behind Tom.

    Aya「What is a thing of now?」

    Tom「It is an explosion.」

    Aya「Do not you look back?」

    Tom「It is good!」





    73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:48:11.50 ID:RFBjQH1R0

    はだしのゲン
    ドカーン!! うわーームスビどうしたんじゃ!
    ラララ‥許してつかぁいさい





    77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:09:04.00 ID:pJ7dHrx40

    小林よしのり

    「はぁ?日本が爆弾を仕掛けたことは事実で反省せねばならない?
     あれは中国側の自作自演であって日本には微塵たりとも責任はない!
     左翼もここまでくると売国奴でしかなく呆れてものも言えない…
     ゴーマンかましてよかですか!爆発音は中国の意図的なものであり、
     何ら日本には責任はないのである!」





    75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 18:58:41.78 ID:joJwGZun0

    川上稔考えてるんだが難しいな
    真面目なのとおちゃらけた感じを混ぜればそれっぽくなる?





    85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:14:25.96 ID:wm7t6vWV0

    川上稔

     突如、轟音と共に背後から前方へ向けて大気が叩きつけるような圧力を持って流れていった。
     爆発だ。
     それは敵からの攻撃かそれともただの事故か判然としない。

     ならば、

    「振り向いて確認すればいい!」

     振り向いた。





    86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:14:53.45 ID:T2dq3UvE0

    ターザン山本

    その時僕の後ろで大きな爆発音がしたのだ。
    だから僕は驚いて振り返ったのだ。
    そのあとの展開はいまいちだったが、この爆発は新しい時代のプロレスに必要な爆発だと思う。
    みんなも早くこの爆発を見にこいなのだ。





    87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:16:42.47 ID:MuvGdzGE0

    森博嗣
    「爆発というのは、単に短縮されたエネルギィ変換だ。
    それを、危険だ と感じるのは観察している人間の認識の問題だよ」





    88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:19:06.18 ID:wm7t6vWV0

     舞城王太郎

     俺がショッピングセンターをウロウロウロウロしてる間に爆発が起こった。ぼっかーん!って漫画みたいな音がしたかと思ったら
    ゴロゴロゴロゴロ人間やら商品やらが吹っ飛んでいく。俺もゴロゴロゴロゴロ同じように転がって吹っ飛ばされていた。
    畜生痛てぇとかそんな事思うまもなく吹っ飛ばされた俺は陳列棚にぶつかってようやく止まった。振り返った。





    89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:19:39.01 ID:JHH3ofV00

    さいとうたかを

    ズキューン ビシッ ドカァーン
    ああっ!あれは!
    間違いない・・・彼だ・・・ゴルゴ13の仕業だ・・・・・・




    92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:21:09.60 ID:LxD2JNKc0

    お塩

    最高の爆発は背後は当然、俺自身も振りかえれない

    爆発は恐くない。だって、俺はスタンダードな人間だから

    「『何故爆発はロックなのか?』それは爆発がロックだったからさ

    俺、昔、背後で爆発起きたんですよ。でも振りかえるなんてウゼーと思って・・・

    オマエらが今振りかえってる爆発はオレが振りかえってあげないから仕方なくオマエら爆発してるんだ

    俺を振り返って見てる奴がいたら「BOMB AHEAD!!」って言い返してやる、俺はそういう奴






    93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:24:20.39 ID:LxD2JNKc0

    窪塚「『爆発』。あらゆる意味で万能なこの現象は、21世紀、
    人間にとって、そして振りかえることによって奇跡の現象となる

    「その日はとても急いでいた。とてもとても。マンションの向かいにあるコンビニのソフトクリームが食べたくて仕方なかった。
    ソフトクリームが売り切れてしまうんじゃないかと心配でならなかった。
    思わず、背後で爆発が起きて振りかえる手順をすっとばしてしまった。
    その日は、自分にとって最高の日だったのか、最低の日だったのかわからない。」





    94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:24:54.82 ID:3L9nFPJPO

    戸梶圭太


    人気俳優の佐藤学はシャブ中セックスの真っ最中だった。
    「ふんっふんっ」
    「ああああん!!マナブゥ!!もっと突いてっ!!突いてっ!!」
    今日の相手は激安キャバ嬢のマリエだ。顔は女優の三鍋かをりに似ているが、いかんせん貧乳だ。
    突然後ろで爆発音がしたが、振り返る暇も無く2人は木っ端微塵に消し飛んだ。





    96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:31:29.06 ID:mN+w3dzaP

    週刊現代
    「ええ、そのときたしかに爆発が起こりました。みんな驚いて振り返ってましたよ」
    こう語るのは、この界隈の事情に詳しいY氏(46)である。





    97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:31:58.96 ID:yorDy9TR0

    秋田禎信

    「後ろで大きな爆発音がした。マジクは驚きながら振り返ると、
     そこにはボロキレのようになった地人と、そこにさらなる熱衝撃波を打ち込もうと
     構成を編んでいる師匠の姿を絶望的な気持ちで確認した」





    100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:42:16.15 ID:3L9nFPJPO

    恩田陸


    「ねえ、今"後ろ"の方で何か音がしなかったかしら」
    「あらそう?私には何も聞こえなかったけど」
    「うそ、そんなこと無いわ、確かに聞こえたわよ」
    「・・・何よ、そんなにムキになって。気になるなら"振り返って"確かめてみればいいじゃない」
    「・・・それは出来ないわ、"振り返って"は駄目なのよ」
    「あなた、もしかして」
    「そう、私は"未来のあなた"なのよ」





    101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 19:42:56.68 ID:bmBXEmwaO

    片山恭一

    アキが爆発したのでオーストラリアの道端で灰を撒いた





    102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:46:14.25 ID:a+zmK8B10

    安倍公房

    背後で、花火玉のような爆発音。しかし、夜ということもあり、煙はどこにも見当たらない。
    振り向いたところで、どれぐらいの距離かは分からない。コンクリート製の住宅街では、音が反響してしまうのだ。



    324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 14:32:26.55 ID:AxFK8Jwu0 ?2BP(11)
    sssp://img.2ch.net/ico/suika.gif

    安倍公房

    いやにでこぼことして歩きにくい道沿いに地面がそのまま隆起したような窓の小さい奇妙な建物がぽつりぽつりとまばらに並んでいる
    いやむしろその一里塚のようにある建物のおかげでようやく道として認識されていると言ったほうが正しいだろう
    何回振り払ってもベッコウバエが口元にたかろうとするこのあたりは水分が乏しい土地にちがいないまぶたの裏まで塩気をまとった砂が入り込んだみたいに熱くしこる
    私は地図を確認するために立ち止まり顔をあげた
    するとふいにさっきまでにうるさく鳴いていたセミの声が止みいきなり「どーーーん」とものすごい音圧の爆発音が背後から襲ってきた
    鼓膜がびりびりと震えひどい耳鳴りがしたが私は音の原因を確かめるために痛みをこらえて振り向いた
    すべての爆発から爆発音は発せられえるがすべての爆発音が爆発から発せられたものだとは限らない





    106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:02:12.30 ID:I3vafo7LO

    勝俣「後ろですっげーでっけぇ爆発音がしたんすよ!!!!俺それで、アッコさんが怒ってると思って(やべぇ!!!!これまじやべぇ!!!!!!)って思いながら振り返ったんですよ!!!!」




    108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:07:46.28 ID:u5lk6Cod0

    山岡史郎
    「やれやれこんなものを爆発と呼んでるようじゃ話にならないな。いいでしょう、一週間後にまたこの場所へ来てください。本物の爆発というものをお見せしますよ。」




    110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:14:03.68 ID:Oi5DxIWT0

    海原雄山
    「ハッハッハッこんな爆発を有り難がっているようでは東西新聞社の社主さんもたかが知れるという物ですな!」





    109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:10:47.95 ID:d08kHD62O

    甲斐谷忍

    「例えば今から後ろで爆発が起きたとする。出口、お前ならどうする?」
    「そりゃあ驚いて後ろを……」
    「あっ!!」
    「そう、向いてしまうんだよ。人間の心理的に何か突然の音がしたらその発信源に視線を向ける」
    「その習性を利用したトリックってわけだ」




    111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:16:39.34 ID:OnZ5+tHW0

    志賀直哉

    「爆発があったので振り返った」





    112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:18:17.89 ID:oUsXhkdt0

    シェイクスピア

    「爆発があった。振り返るべきか、振り返らぬべきか、それが問題だ。」





    113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:18:43.51 ID:d08kHD62O

    千原Jr.

    「そんで松本さんとブワーっと公園歩いとったんですよ。ほんなら、いきなり『ドッゴーーン!』って後ろで爆発音がするわけですよ!」
    「当然振り返るわけじゃないですか!ね!ほんで「うわなに!?」っと振り返っ…振り返るじゃないですか、そんだらなんと!」
    「あのキム兄がぁ!あのー、凍った鶏肉を、こうメッチャ叩きつけてたんですよ!」






    114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:18:45.44 ID:5Za2P3qTO

    森見登美彦

    私が黒髪の乙女と外掘りを埋めている最中に衝撃が走った。
    これは爆発である。
    私は取らんでも良い体勢を取りながらも身構える。
    凄まじい轟音とともに、幻の秘宝と呼ばれる薔薇色キャンパスライフまでもが、瞬く間に眼前から姿を消すかと思われた。
    掴みかけていた栄光ほど手放し難いものは存在しない。決して離してなるものか。
    私は爆発なんぞより、輝かしい未来を選ぶことを厭わぬ。
    そしてついに私が振り返ることはなかった。





    115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:23:53.90 ID:OnZ5+tHW0

    星新一

    「後ろで花火のような爆発音がしたため、エヌ氏は驚いて振り返った
     そこには全身銀色の、なんとも形容しがたい異様さを持つ生き物がいた」





    116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:26:41.98 ID:xt3W74Qw0

    甲田学人

    ごうん!
    一瞬で顔が強張った。その爆発音は遠く微かなものだったが、
    とてつもなく静かなこの広場の空気の中では、あまりにもはっきりとした印象をもって聞こえた。
    空気に満ちるその“音”は耳鳴りのように耳の中を満たして、脳へと染み込んで、
    徐々に精神を発狂しそうになるほどに追い詰めた。
    恐怖に焼けて暗転しそうな意識と、痛みさえ感じるほど強張った身体。もういつまでも、このまま耐えられはしなかった。
    ならば。それならば――見てしまった方が、楽になるのではないか?
    なにもない背後に、臆病な自分がありもしないものに怯えているだけではないか?
    見てしまえば、終わるのではないか?
    見て、しまえば。
    振り返れば。
    終わる。楽になる。
    恐る恐る顔を背後に向け――






    117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:35:36.79 ID:jyOkczlV0

    ガルシア・マルケス
    「憲兵隊に背後から声を掛けられ振り返ったとき、恐らくアウレリャノ・ブエンディア大佐は、屋敷の裏手で爆発があったあの遠い日の午後を思い出していたにちがいない。」






    119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:45:10.25 ID:HdkfNl6H0

    宮沢賢治

    グララアガア グララアガアという音にオツベルはガタガタと震えだす。
    振り返ると、五匹の象が一ぺんに、塀からどっと落ちて来た。





    122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:51:40.68 ID:3L9nFPJPO

    阿刀田高

    小学生の頃、ムカつく友達を殺して井戸に入れた。その日の夜、爆発音がして、次の日に井戸を見た友達はいなくなっていた。

    社会人になって、ムカつく上司がいたので同じように井戸に入れた。爆発音がして、次の日には上司はいなくなっていた。

    この前、母親と口論になって、はずみで殺してしまった。同じように井戸に入れたが、爆発音はしなかった。次の日もその次の日も、爆発音はしなかった。





    123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:52:37.05 ID:iDDwATH00

    FPS
     ファイアインザホー!!
     インカミーング!!




    125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:53:33.47 ID:WeN7EUTXP ?PLT(14161)
    sssp://img.2ch.net/ico/u_ame.gif

    >>123
    ワロタwww




    128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:57:38.51 ID:dB6OvnIa0

    みさくらなんこつ

    すごいっすごいよほぉっ!!特濃メスミルクばくはつしちゃうっ!きもぢい゛ーっ みゅくぴゅーーーってっ きもぢい゛ぃーーっ!!!
    あかちゃん汁ぅこってりしてるのが射精てるよおおあおおおおおおッ





    131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:01:37.37 ID:EtZyYTrk0

    クラウゼヴィッツ
    知恵者と自認する者は次の様に考えるかも知れない。爆発は適切な対処さえすれば恐るべき物では無いと。それが爆発対策の奥義であると。
    この説は一見如何にももっともらしく見えるが、それはやはり誤りであって、我々はその誤りを粉砕しなくてはならない。
    と言うのは、爆発は実に危険な物理現象であって、この様な危険な物理現象にあっては知識から生まれる誤信ほど恐るべきものは無いからである。
    一方は知識の誤信による余裕を持っていて、他方、爆発自体は無慈悲に障害にもたじろぐ事無く膨張していく。
    この様な認識の違いが在るならば必ず後者が前者を圧倒し、前者は爆発に対して振り返えざる得ない。





    132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:03:18.15 ID:VtaKvu+nO

    町田康
    ぽん、ぽんぽんぽん
    背後で珍妙な爆発音が鳴った。
    俺はざる蕎麦と日本酒をそういって振り返った。

    「シヴァ、カーリー、サラスバティー…シヴァ、カーリー、サラスバティー…」





    134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:13:06.63 ID:XJTFz62A0

    鎌池和馬

    轟!!
    突然、背後で爆発が起きた。
    爆風に煽られた上条当麻の体が、くの字に折れ曲がり宙を舞う。
    「ごっ、ハ……ッ!?」
    音はなかった。
    視界は真っ白に塗り潰された。
    近くの壁にノーバウンドで叩きつられる。
    上条当麻の意識は、そこで途切れた。






    135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:15:15.03 ID:CdU1ELpcO

    神坂一(スレイヤーズ)


    ごっはんごはん♪

    今日も盗賊いぢめに精を出し、小腹が空いたので昼食の準備に河原で釣りをしていた時だった
    「あともう20匹は欲しいわねー」

    刹那。

    どっかあああああん(←大文字フォント


    くそやかましい爆発音に振り向いた時はもう遅かった…。
    あたしの釣り溜めていたおさかなさんが…
    あたしのお昼ごはんは…スミクズと化していた…






    136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:17:14.23 ID:QdoMfLTAO

    井上雄彦「ばぁん。ばぁん。爆発が起きているのか。ふむ、爆発とはなんだろうか。爆発とはただの言葉よ」





    138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:19:21.74 ID:2LIiWHMV0

    狂気太郎

    すると突然黒贄の背後で爆発が起こった
    「パミャー」






    139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:19:42.34 ID:p+pFbmXF0 ?2BP(11)
    sssp://img.2ch.net/ico/suika.gif

    矢沢あい

    急ぎ足の雑踏
    きらきらと光るイルミネーション
    かじかんだ赤い手
    にじむ景色
    背後で爆発
    こんなにもたくさん人はいるのに私は一人ぼっち
    ナナと私の心もあのグラスみたいに壊れちゃったのかな?元に戻らないのかな?





    141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:26:38.76 ID:XJTFz62A0

    >>139
    無理矢理ねじ込むなww





    140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:24:40.87 ID:YHUcyNf80

    漫☆画太郎
    ちゅどーん
    「ぎゃあああああー!!」







    142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:28:26.21 ID:i/jSwubG0

    >>140
    次の週で
    「先週の爆発はなかったことにしてください」






    143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:31:41.56 ID:kivTg0wz0

    >>142
    数ページにわたってコピペで

    ちゅどーん
    「ぎゃあああああー!!」

    ちゅどーん
    「ぎゃあああああー!!」

    ちゅどーん
    「ぎゃあああああー!!」






    144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:32:21.86 ID:aYohx8PvO

    押切蓮介
    ドゴォォォォ
    「なんだ!? 爆発か!?」
    「ギャイイイン(こっ、怖いワン)」
    「ああっ! サイトーさん! おのれ悪霊め、爆発などで悪戯しくさってからに!」
    「バクハツバクハツ♪ 楽しいバクハツ♪」ララララ
    「俺のケンカキックを喰らいやがれ!」ドゴォ
    「ギャヒー」
    「……お兄ちゃん」






    145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:38:26.96 ID:qlul4G+z0

    菊地秀行

    その途方も無い美しさを前にして、爆発音さえ羞恥のあまりに消え入ってしまったかのように
    白い影の周囲だけが黄昏の水面の如き静寂に包まれていた。影は振り返らず歩み去った。
    ドクター・メフィスト――<魔界医師>






    146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:45:08.13 ID:+pTFVdeg0

    スティーヴン・キング

    そのとき背後でとてつもない音がした。いや、単に音がしたなどという生易しいものではなかった。
    それは西海岸に住む者なら誰もが「いつか来るでかいやつ」と恐れるあの巨大地震がついに来たのかと思わせるほどの圧倒的な音量で炸裂した。
    そして音そのものがまるでコミックブックに出てくる大げさな擬音の書き文字のような存在感を持って背中にぶち当たり、
    打ちのめし、気がつけば私は埃っぽい床に額をこすりつけたまま伸びていたのだった。
    一体どのくらい気を失っていたのだろうか。世界を覆いつくす大惨事の予感から最早どうとでもなれという諦めに囚われかけた刹那、
    しばらく前に買出しに出たまま戻らない妻と幼い娘の顔が私の心をよぎった。その顔は、娘を抱いた妻がポンコツのビュイックに乗り込む直前、
    あなたは疲れているんだから家で休んでいなさいと言って譲らなかったときの -
    そのときの妻の顔は眩いばかりの春の陽光に金色に縁取られてまるで世界中のあらゆるものを祝福しているかのように見えた -
    どこかいたずらっぽい小娘めいた笑顔だった。
    私はまだくらくらする頭を抱えながらゆっくりと立ち上がり、何事もなかったかのように静まり返った部屋の中央で馬鹿のように突っ立ったまましばらく考えた。そしてようやく先ほど背後から聞こえた凄まじい音の正体が、自分のひり出した屁に過ぎないことに思い至った。








    153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:11:38.63 ID:p+pFbmXF0 ?2BP(11)
    sssp://img.2ch.net/ico/suika.gif

    保坂和志
    近くのスーパーの買出しに行くのには裏道を使うからいつもはひとつも信号に引っかからないのだけれど今日は間が悪い日で二回も引っかかってしまった
    僕は田舎生まれのせっかちものでここに住みだしてからと田舎で暮らした時間が同じくらいになっても生まれた場所で染み付いた習慣というのはなかなか抜けないもので
    ただでさえせっかちな僕は車の来ない信号でじっと待ってるというような律儀な性格をしてないから信号というものは引っかかりさえしなければないものだと判断して
    じきに意識の隅にしまうようでひとつ目の信号に引っかた時に以前その場所でさちゃんに危ないよといって袖を引っ張られた記憶が蘇り
    もうひとつの信号に引っかかってはそこは昔飼っていた犬のたろべえがよくマーキングをしていた場所だということを思い出した
    そこからの連想で意識の隅に追いやられて久しい昔起きたいろんな些細な出来事ことを思い出しながらてくてくと歩いていると不意に後ろでどーんと大きな音を立てて大爆発が起きて
    よその家の使われなくなって色あせた子供用のおもちゃの車とか錆びてぼろぼろになった一斗缶とかがガラガラと足元に転がってきて
    なんだなんだと振り返るとやっぱり大きな穴が開いていて怪我をした人もいるようでみんなまだ救急車を呼ぶとか警察に電話するとかそういった判断を下す前の
    なんだかぼーっとした時間がちょっと滑稽に見えたりせっかく思い出しかけた遠い記憶が吹き飛んでしまったからちょっと残念な気がしたけど
    ひとりが爆発だと大きな声で叫ぶのを聞いてそんなことを考えてる場合でないと思いなおしたのだった




    157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:19:38.35 ID:dB1VFHV/0

    藤原基央

    爆発ってゆうのはお茶の間でせんべえかじりながら見るようなもんじゃねぇんだよ
    火薬がなかったとか色々あるかもしれないけど死ぬ気で見に来い。
    で、振り向け。俺らあれだから、爆発音聞いただけで評価されたくないから






    162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:42:05.53 ID:gCyGObRPO

    中原中也

    どがーん
    ばこーん
    どがばこーん





    163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:43:40.80 ID:dkdgm19a0

    >>162
    wwwwwwwwwwwww





    173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:25:14.23 ID:idrub0eB0

    ソ連のプロパガンダ

    175 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:03:25 ID:???
    「後ろで大きな爆発音がした。ある市民は驚きながら振り返った。
    『そこに数秒前まで健在だった建物は瓦礫と化し、傷ついた人々が煙の向こうに見え、その上空を丁度ファシストの空軍機が飛び去っていく所だった。
    だがその編隊はやがてこちらへ引き返して来、救護に駆け付けた献身的市民もろとも第一撃の負傷者に機銃掃射を…』。
    我々は決して屈してはならない。さあ、君も銃を持て!憎きファシスト共に鉄槌を下すのだ!」






    174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:25:20.27 ID:opVJZ3AO0

    時雨沢恵一

    突然背後で爆発(注:現象。空を飛ばないものだけを指す)した。
    「爆発だね」
    「うん。爆発だね。」






    177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:28:10.63 ID:CdU1ELpcO

    我孫子武丸(かまいたちの夜シリーズ)

    …パンッ

    ふと、後ろでゴムボールの跳ねるような音がした…。
    その音が薬莢の爆ぜる音だと気づいたのは、僕がプロボクサーのパンチを胸に受けたような衝撃を感じた時だった…

    振り返ろうとしたがもう遅い、『ヤツ』は僕の目前に…銃を構え…て


    ……そんな…なんで……あなたが…

    ……パンッ

    もう一度、ゴムボールの跳ねるような音がした、が…その音と同時に生命の尽きた僕にはどうでもいい事だった…








    178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:34:53.94 ID:3NmYY7KQ0

    賀東招二
    「かなめ!」
    「え、なに?」
    「すまん!」
    疾走を続け、<アーバレスト>は、かなめの身体を――空高く放り上げた。
    「っ・・・・」
    右手が空く。銃を抜く。振りかえり、二連射。
    銃を捨て、前を向き、猛ダッシュ。
    「っ……っきゃぁあああぁぁぁ―――――!!」
    放物線を描き、落ちる悲鳴。ぎりぎりで、前のめりに、彼女の身体をすくいあげる。
    転倒しかけた機体のバランスを、全身全霊で制御する。
     ほとんど同時に、ばらばらになった攻撃ヘリが、畑に落ちて大爆発した。







    182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 23:43:24.98 ID:XJTFz62A0

    海堂尊

    小洒落たバー、パチンコ、そして風俗店が並ぶ歓楽街。
    その一角にあるドラッグストアから出て通りの出口に向かおうとしていると、背後で何かが爆ぜる音がした。
    その音に遅れて響く女の叫び声。
    振り返ると、白と黒と灰色の煙の渦が天に向かってのびてゆく。
    野次馬に混じって僕は走る。
    水商売の店の入り口に群がる人ごみを掻き分け、体をねじ込む。
    顔だけを突き出した僕は、皮膚の焼けただれた血塗れの三つの体を見た。
    死んではいない。息も絶え絶えにもがいている。
    自分の脳裏に、いつだったかーーー城東デパートの火災。
    頭蓋骨の内側にこびりついた記憶がよぎる。
    デジャ・ビュ……
    タスケテ・タスケテ・タスケテ・・・・
    救急車のサイレンの音で、ハッと我に返る。
    店の奥にはもっと多くの、もっと凄惨な人間がいる。
    先ほど買った栄養ドリンクの袋を投げ捨て、やかましくサイレンを鳴らす救急車に駆け寄る。
    本州から遠く離れた北方の地で、血塗れ将軍は再びメスを握ろうとしていた。






    183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 23:45:42.10 ID:p+pFbmXF0

    あだち充

    「ん?」  「おっ」





    185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:49:42.84 ID:C3qLn43HP

    Java

    public class Bomb {
     private You you;

     public Bomb(You you) {
      this.you = you;
     }

     public void explosion() {
      this.you.lookBack();
     }
    }

    public class You {
     public void lookBack() {
      System.out.println("びっくり!びっくり!");
     }
    }

    public class Novel {
     public static void main(String[] args) {
      You you = new You();
      Bomb bomb = new Bomb(you);
      bomb.explosion();
     }
    }





    187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:51:56.34 ID:CdU1ELpcO

    竜騎士07(ひぐらし、うみねこ等

    …ドカアァアアァァァアァン!!!!!!!!


    耳をつんざくような爆音が俺のすぐ後の広場に響いた
    って、広場だって!?
    「マズイ!!あそこにはまだ!!」

    疲れも無視して人混みを掻き分けて俺は爆発現場に向かう、がそこはもう既に広場とは言えず、かつての広場の名残が残ってるだけの地獄と化していた。

    「なんだ…これ…?」
    足元に転がってる何がを拾い上げる…それはまるで、汚れた人形の足のようなものに見えた。

    ………!!!!!
    ぶんっ

    瞬間、『ソレ』が何かに気づき、俺は『ソレ』を投げ捨てた、よく見たら足元だけでなく、広場のそこら中に『ソレ』が散らばっていた。

    その中に見覚えのあるものを見つける
    見覚えのある『ソレ』は…彼女が履いていたものと同じ靴を履いて……

    張り詰めた…俺の心の中で…何かが……コワれた。

    う…うわあぁぁぁあああぁぁあああ!!!!!!!
    あぁああぁぁぁああああああ!!!!!!!!!!!

    なんで……こんな……
    こんな事になっちまったんだよぉぉぉおおおーーッッッッ!!!!





    193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:09:28.02 ID:g58bZEQF0

    宮下英樹
    世にいう「爆発」とは、急速な膨張を言い、一般的には気体の急速な熱膨張を指すとされる
    だが、この通説には疑問が残る






    194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:10:45.00 ID:EOaGJ7Uk0

    板垣恵介
    「ドンッ!~~~ッ!」





    201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:34:20.71 ID:AxFK8Jwu0

    古今亭志ん生

    するってえと後ろのほうでもって
    どーーーーーーーーーーん
    とまあ景気のいい音でどかーーーーーんと大爆発が起きて
    江戸っ子てのは粋なもんで爆発ぐらいじゃ「なんでい花火かい」っとまあ
    太鼓でも何でもなんでも音がするものがいいっときたもんでございやすが
    ところがどっこい半鐘はだめだよおじゃんになるから






    202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:35:04.95 ID:q3933Zc9O

    森恒二
    「もしかしたらこの時後ろで大きな爆発音がするかもしれない、普通は爆発音に気を取られてしまうがこの一瞬が路上では全てが決まると言っても大袈裟ではない。
    大抵の場合路上で爆発音がしたなら相手も驚きながら振り返るだろう!!作者(僕自身)もそうだったからだ。
    しかし路上の喧嘩に慣れている者なら爆発音に気を取られず戦えるのだ!!!」






    206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:41:02.63 ID:uYl46PpBO

    平野耕太
    「なんか後ろで爆発したみたいです。そんだけ。
    それ以外とくに書くことないです。
    どーしましょ。
    しょうがないんでとりあえずオッパイの歌でも歌いますね。
    ハァ~オッパイオッパイ、あいつもあの子もついてるオッパイ~♪
    羽衣狐のオッパイやけにでかくなってない?(授乳!授乳!)
    放課後プレイの部長の巨乳はエロゲレベルだね~(魔乳!魔乳!)
    ハァ~オッパイ吸いたい~(オッパイ募集中!募集中!)」






    207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:41:44.96 ID:csBGiUpz0

    押切蓮介

    「ば ば 爆発だー!」うわーっ
    「なにィ!?」 
    「後ろですよ後ろ」ひひひひ
    「お゙ぼぉッ」「ぐわ~~~~」






    208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:44:52.64 ID:S5srHlMW0

    横山光輝

    ドーン 
    「ひーっ」
    「ひけっひけっ孔明の罠だ」 
    ジャーンジャーン






    209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 00:56:07.80 ID:uYl46PpBO

    みつお

    ばくはつだもの
    ふりむくさ





    214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 01:13:40.32 ID:c7YH/iz0O

    うすた京介
    「爆発してるー!!」ガビーン

    増田こうすけ
    「爆発しろよ!」ズムッ
    「いもうとっ」






    233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 04:55:13.72 ID:keIBsRmc0

    南房秀久(ストライクウィッチーズTV版ノベライズ)

    「受けてみよ!烈風斬!」

    パーン!

    ネウロイは砕け散った。




    239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 06:02:54.81 ID:zxn5iY8s0

    星新一
     不意に、エヌ氏の背後で爆発が起きた。エヌ氏は振り返り驚く。
     「や、大変な事になったぞ。どうやら何かが爆発したらしい。
      これはきっと、何かの前触れに違いない。嫌な事が起きなければいいが……」





    240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 06:07:56.25 ID:zxn5iY8s0

    宮沢章夫
     私が深夜、自動販売機で飲み物を買おうとしていた時、背後で爆発が起きた。
     驚いた私が振り向くと、ゴトン、と品物が落ちる音がする。
     スポーツドリンクが出てきた。
     爆発の拍子にうっかりスポーツドリンクのボタンを押してしまったのだろうか。
     気を取り直してあらためて、硬貨を入れ、缶コーヒーのボタンに手をかける。と、またもや背後で爆発である。私は振り向く。ゴトン、と品物が落ちる音がする。
     スポーツドリンクが出てきた。





    241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 06:18:23.13 ID:zxn5iY8s0

    岡田利規
    男優1 (観客に)なんか爆発が起きて、ここにいたミノベ君が驚いたって話をしようと思うんですけどっていう、ミノベ君ってのが僕なんですけど、ていうのをやりまーす。
     ミノベ君が渋谷を歩いていたらなんかワーみたいな、なんか最初デモ(? 半疑問。語尾を上げる) つうか群衆(?) がなんかワーッと(?)
     みたいな感じっていうような感想を後からミノベ君が言ってたんですけど、最初だからでも、ふつうに渋谷って不意にドン、みたいなの、あるじゃないですか特に、
     イベント(?)みたいな。で、そんときミノベ君でもわりと素朴に(笑)、うん素朴に
    男優2 うん
    男優1 リアクションして。「おっ」、みたいな。なんか「おっ」(男優2「小声だよね」)っていう、アイポット越しだったらしいんだけどさすがに低音ドン、みたいな。
    男優2 あー
    男優1 で、素朴に振り返ったと。





    245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 06:26:11.23 ID:zxn5iY8s0

    長野まゆみ
     その時、シュイの向かった先に二筋の赤い閃光が見えた。僕がその閃光の赤に一瞬見入っていた刹那――ドン、という、爆発――……
     「シュイ!」
     僕は振り返る。シュイの長い銀髪が、爆風になびく。波が、生き物のように、不特定なリズムを刻みながら……。
     そんな混乱の中でも、シュイは強がったように僕にいう。
     「……うるさ……いンだよ……、俺に、かまうなよ……」




    246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 06:30:29.78 ID:FOaDdLvW0

    松本丸太光司
    ハァハァ・・・
    明「しまった後ろから吸血鬼が!!」
    ドカーン ギャー ボトボトボト
    オオオオオオ
    ユキ「爆発?」
    明「なにがあったんだ!」
    西山「こんなこともあろうかと地雷を仕掛けておいたのさ」

    みんな「でかした!」




    267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 07:36:18.62 ID:iEMej7gH0

    押井守

    われわれが生きてきたと信じる現実は、われわれの回想の中で
    常に幻影と入り混じる。
    そして、それがどちらであったにせよ、その意味が理解されるのは
    常に後になってからのことでしかない。
    彼が聞いたと信じた爆発音――それを彼は本当に聞いたのか、
    繰り返し振り返ることで聞いたと信じたに過ぎなかったのか。
    彼は長い間自問しつづけた。




    269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 07:38:52.54 ID:C6ogBHdr0

    エキサイト翻訳
    大きい爆発音は戻っていました。 私は驚かせられる周りで回しました。




    280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 08:31:56.80 ID:OUMRgqOZO

    初野晴

    背後で凄まじい爆発音がなった。私とハルタは振り返ると
    同時に衝撃波を受けて、尻餅をついた。
    「いててて………チカちゃん、大丈夫?」
    そう言って高校で再会した幼馴染みの
    ハルタが立ち上がり手を差し伸べてきた。
    私の名前は穂村千夏。この幼馴染みであり恋敵であるハルタ
    こと上条春太と恋人争奪戦を繰り広げている。





    281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 08:48:04.83 ID:SNwU6x7nO

    佐藤賢一

    かててくわえて、背後から聞こえてきたのは大きな爆発音である。
    なんとなれば、私が振り返ったのは必然と言うべきなのである。





    291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 10:22:23.41 ID:um9CfXu6O

    三津田信三

    微かに、だが確かに、自分の遥か後方で爆発音がした。
    だが決して振り返ってはならない。そんなことをすれば自分が爆発に気付いているということを爆発に教えるようなものだ。
    そうなれば間違いなく爆発は私に付いてくるだろう。私の背中に冷たい汗が一すじ流れた。
    いけない。動揺をあの爆発に覚られてはならない。
    こういう時はただ前だけを見据え、無視を決め込むのが一番良いのだから。

    私は振り返らなかった。




    297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 11:31:42.93 ID:cpXz+vUu0

    ポケモン

    はいご で だいばくはつ !




    304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 12:00:28.55 ID:vHgLLRHF0 ?2BP(2000)
    sssp://img.2ch.net/ico/ne.gif

    ニコニコ動画
    「ちょwwwwww爆発wwwwwww」
    「爆発の音が聞こえた奴挙手」
    「ひろゆき微動だにしないww」





    309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 12:52:09.34 ID:SVlmHOjlO

    カバ夫

    すごい爆発を感じる。今までにない何か熱い爆発を。
    爆風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに。
    中途半端はやめよう、とにかく最後まで振り向いてやろうじゃん。
    爆発の向こうには沢山の仲間がいる。決して一人じゃない。
    信じよう。そしてともに振り向こう。
    工作員や邪魔は入るだろうけど、絶対に爆破されるなよ。






    329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:00:03.65 ID:79dgG+Q7O

    椎名林檎

    もっと激しくして頂戴
    身体中を充たして
    貴方の爆発(エクスプロージョン)で

    後ろからもして頂戴
    あたしを振り向かせて
    貴方の情欲(エモーション)で




    336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:19:26.40 ID:eJhK3UGh0

    エドガー・アラン・ポー

    今となって思い返せば、それは爆発だったのかもしれない。
    しれない等と言うのは――私が狂人などではないという事だけ先に記載しておくが――
    事実、その時から(今癲狂院でこの事件を記録しようとしているこの時でさえ)私の五感の全てが知覚対象を信じられなくなっているからだ。
    背後で何か大きな、まさに異音と呼べるであろう音がしたその時、私は恥ずかしながらひどく怯えつつ、
    (と言ってもその恐怖の源泉は異音そのものではなく、定義のできない実体などない様なものだったのだが)振りかえった。





    337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:22:40.63 ID:Ho4unPyt0

    シンプソンズ

    ホーマー「do'h!」
    バート「アイカランバ」
    ネルソン「ハッハー」
    バーンズ「エクセレント」
    リサ「チベットに自由を!」




    340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 15:36:55.23 ID:L/kh2Il10

    ブコウスキー
    「背後ですごい爆発音がして目が覚めた。私はベットから起き上がりトイレで吐いた。
    この女は葉っぱが相当効いてるのかぐっすり眠っている。大したものだ。
    それからどうにかビールを腹に流し込み、ようやくさっき音がしたほうに振り返った。」




    343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:05:15.54 ID:L/kh2Il10

    カート・ヴォネガット
    「痙攣的時間旅行者である私は、これから背後で大きな爆発が起こるのを何度も見てきた。
    トラルファマドール星人によれば今の爆発は『水星が安定した軌道を回り続ける』ために必要であるらしい。
    これまでも何度も爆発が起きるのを見てきたし、これからも爆発が起こるたびに振り返り続けるのだろう。」




    346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:31:50.26 ID:eoJQoKPlO

    星新一

    物音ひとつない、静かな朝。男はひとり、ぼんやりと空をながめていた。
    視線を下ろす気にはなれない、そこには何も無いことが分かっている。
    草木一本ない地平が、どこまでも続いているだけだ。

    ささいなきっかけで始まった核戦争は、世界中を、あっというまに焼き尽くしてしまった。
    地下施設で作業をしていた男は、たまたま、難をのがれることができた。
    男の他にも、生き残りはいるかもしれないが、交通手段も通信手段なくなった今では、たしかめようがない。
    毎日、非常用の食料を食いつぶしながら、一人きりの時間が過ぎてゆく。
    男の中で、なにかが爆発した。
    「もうたくさんだ、一人で生きるのはたえられない、誰かいないのか」

    そこで目が覚めた。
    狭いマンションの狭いベッドから降り、窓を開ける。
    目の前には隙間なく高層ビルが立ち並び、数えきれない人が道を行きかう。
    「やれやれ、これだけ人があふれていると嫌になる。
    一人になりたいという願望が強くなりすぎて、あんな夢を見たのだろうな」
    人口爆発により肥大した都市を見下ろしながら、男はため息をついた。





    348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:32:48.11 ID:L/kh2Il10

    O・ヘンリー
    突然大きな爆発が起こった。すぐにジムはアニーの身をかばいながら地面に伏せた。
    「自分のみを呈してまで私をかばってくれるなんて、なんていい人なのかしら、この人は本当の紳士よ」
    そう思いながらアニーは一瞬でジムの虜になってしまったのだ。
    ジムはあたりが静かになったのを見て振り返り、その場から離れながら安堵した。
    というのも爆発があった方向には彼の妻がいて、知らない女と一緒に歩いているをバレないでなんとかやり過ごせたからである。





    360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 16:57:02.37 ID:bfN2kKJ20

    コナンっぽく書こうとしたら知識的に無理だった
    とりあえず「バーロー」とは言わせたい




    371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 17:54:38.80 ID:vTv/ozbo0

    >>360
    アニメなら
    「バーロー、ただの爆発だよ。」

    漫画なら
    「バーロー、ただの熱や衝撃などにより急激な燃焼反応をおこす物質、つまり火薬が爆発したときの音だよ」

    巻末コメントなら
    「最近は爆発にハマってます(笑)





    392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 19:38:55.67 ID:eJhK3UGh0

    地獄のミサワ

    また爆発かよー
    ちょっち勘弁してくださいよー俺ばっかり何回目よー振りかえんのー
    ツレー!トラブル体質ツレーっすわー!




    395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 19:43:01.26 ID:3Us4wU3j0

    >>392
    ワロタwww






    412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 20:27:04.04 ID:2crwAHin0

    旧約聖書
    わたしは爆発の音を聞いた時、焦りを持ちながら、熱を浴び、唖然とした。
    わたしの心は冷静さを忘れ、普遍にたよった常識を破滅させた。
    わたしは爆発を確認しようと、人々の前で振り返った。

    新訳聖書
    爆発は初めから強力であった。慈愛のうちに立っていなかった。
    爆発のうちには手加減が無いからである。
    爆発が膨張するときは、一閃の光から始まる。発火現象は光であり、
    光に気付くことで人は振り返る事が出来る。



    424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 21:07:40.65 ID:OUMRgqOZO

    進研ゼミ

    背後で爆発音がした。
    ………ちょっと待てよ………、
    今の爆発、進研ゼミでやったとこだ!
    思わず振り返った。





    434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 21:36:42.16 ID:HNwtmEiAO

    >>424
    せめて振り返ってから進研ゼミ思い出せよwww




    432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 21:31:29.51 ID:eJhK3UGh0

    空知英明

    「ちょっとォォォォォ!何か爆発したよォォォ!」
    「おいおい何ビビってんだよ爆発くらいで そんなもんうちの地元じゃ晩飯カレー位の頻度で出てくんだよカレーだよこんなもん」
    「わかったかカレー野郎」
    「どこ出身だお前は!?下手したら翌日もじゃねーか!」
    「そんなこと言うならもういいですぅ 残りはお父さんに食べてもらいますぅ」
    「こらメガ明、ワガママ言うないネ!」
    「誰がメガ明だ! そんなことより、早く振り返らないと!」
    「わかったよ振りかえりゃいいんだろ、振りかえりゃ ったく最近の男はすぐ振りかえりたがって 順序ってもんがあるでしょうに」
    「ゴムは付けろヨ、メガ明!」
    「何にだァァァ!?何でいやらしい感じになってんだァァァァァ!?」





    465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:24:59.11 ID:XcUIXGuC0

    隆慶一郎
    背後で爆発音がした。だが慶次郎は振り向かなかった。気にも留めず、そのまま歩き続けた。
    もしかしたら、次の爆発が慶次郎のそばで起こるかもしれない。捨丸が注意するよう言っても、
    「生憎、俺の躰はこれで因果と丈夫でな。本人がいい加減飽きてくれるのに一向に死んでくれんのよ」
    と飄々としている。いくさ人たる者、命などとうに捨てている。殺せるものならぜひ殺してほしいものだ。
    爆発如きで命を落とすのならば、所詮それまでの事だったというだけだ。

    「奴の仕業だ! 宗矩、何をしている! 早く奴を始末しろ!」
    一方秀忠は恐慌していた。





    470 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:29:59.52 ID:WT3WAaJ50

    サリンジャー
    何て言うのかな、君には分かってもらえると思うんだけど、僕の後ろでさ、爆発がしたんだ
    世界中のダイナマイトを一か所に集めたみたいな爆発だったな
    僕はおったまげてさ、10フィートは飛び上がっちまった。いや、あれは君にも見せたかったよ。本当だよ
    それから、僕は振り返ったんだ。爆発がした方にさ




    472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:30:18.34 ID:G4Zy/5V30

    かわぐちかいじ

    ドォン!!
    「ウオッ!!」  ガッ

    「各部署状況知らせ!!」
    「艦尾より浸水!」
    「無理はするな。皆を安全な区画まで移しドアを閉じろ」
    「やってみせますよ!訓練通りにやってみせろ!!」
    「艦尾40m後方で爆発があった模様です!」
    「爆発は分かる。何が爆発したか分かるか?」
    「・・・・・3分時間を下さい」
    「30秒だ」
    「・・・・了解!」

    「いやはや、驚きましたな。まさかここまでやってくるとは・・・」
    「そうかな?彼らは富や権力より名声を大切にする最も人間らしい国民だ。
    これは飢えた狼の仕業だよ」




    480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:39:26.82 ID:Mq0xuqPB0

    有川浩
    背後からの爆音が鳴り響き、咄嗟に私は振り返ろうとする。
    「逃げろ!どアホウ!」
    遠くから聞き慣れた怒鳴り声が聞こえた。





    481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:42:25.78 ID:cSBSBscmO

    さだまさし
    「メリークリスマス振り向けば小さな箱を差し出す 助け合いの子供たちに僕はポケットを探る
     メリークリスマス携帯電話で君の弾む声に もうすぐ帰るよと告げたときのこと
     メリークリスマス不意に誰かの悲鳴が聞こえた 正面のスクリーン、激しい爆撃を繰り返すニュース
     メリークリスマス僕には何も関係ないことだと 言い聞かせながら無言で只管に歩いた」





    482 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 22:44:31.30 ID:7RDEnrxi0

    三枝零一

    (高密度情報制御を感知)
     I-ブレインからの警告とほぼ同時に、背後から爆発音が響き渡った。
     炎使いの分子運動制御を応用した爆破だと、すぐに合点がいく。
    (騎士剣冥王六式起動。運動係数を二十倍、知覚係数を四十倍に定義)
     目前に浮かぶ半透明のウィンドウが消え、彼は振り返った。





    486 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:52:05.08 ID:Kti47fuuO

    井上靖

    洪作が自然の匂いにみなぎる道という道を下っていくと、後ろで爆発音がした。
    「ふうむ」

    「洪作さん、せっかく爆発音がしたのだから振り向かないということはないでしょう」

    「大丈夫です」洪作は言った。実際死に物狂いで気持ちを押さえていた。
    「君の大丈夫は信用ならないからね、じゃ、誓うかい」
    「何の誓いです」

    「ふりむくことの誓いです」
    洪作はその言葉に応じざるをえなかった。

    「仕様がないな、どれ」
    洪作の眼前にはスキ焼屋が一軒あった。





    487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 22:52:06.13 ID:y429ywqcO

    火浦 功
    「ほー。じゃあ俺が振り向いたら、うしろじゃ
    爆発はするわ地震はおきるわ雷は落ちるわ火事にはなるわ親父は来るわ
    もう大変なんですからヨシ子さん、あたしがこうやったら笑ってください
    と、そんな事態になってるって言うんだな?」

    事実、その通りだった。





    502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 23:08:36.84 ID:tCzPtuNSO

    冨樫
    爆発!?避……無理!
    振り返る。無事で?出来る!?
    否、死




    504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 23:09:47.35 ID:djNyvlV40

    >>502
    ワロタ





    503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 23:09:27.08 ID:SKoafdqs0

    アメリカ東部のとある町。ここに一人の少年がいる。
    彼の名前はジョン。元気一杯の少年だ。どこにでもいるような普通の少年、ジョン。実は彼、半年前に大事故にあったばかりなのだ。
    ジョン「あの時のことはあんまり憶えてないんだ。けどものすごく怖かったことと熱かったことは覚えてるよ。」

    ~半年前~
    お母さん「ジョン?ちょっと買い物に行って来て頂戴!」
    ジョン「うんわかったよママ」
    その日、ジョンは母親に頼まれ買い物へと出かけていた。
    もちろん町に異常は見当たらない。ジョンは早く済ませようと走りだした。と、次の瞬間!

    ドォォォォォン!!

    なんと後ろでなにかが急に爆発した音がしたのだ。思わず振り返るジョン。すると、熱風がジョンをめがけて向かってきた!
    逃げようとするもむなしく、ジョンは熱風に運ばれた火の粉に身体を包まれてしまう。
    爆発音により外に出ていた住民達によって体に付いた火が消されるも、ジョンは一刻を争う事態に陥っていた。

    医者「私の所へ担ぎ込まれたときには全身が酷く火傷をしており、一刻も早く手術をしなければいけない状況でした。」

    長い手術が始まる。彼の家族はただ祈るだけしかできなかった。「お願い、ジョンを助けて・・!」何時間が立っただろうか。不意に手術中のランプが消える。
    お母さん「先生!ジョンは!ジョンは大丈夫なんでしょうか!!」
    医者「全力は尽くしました。しかし全身の火傷が酷く、以前のように生活することは難しいでしょう。」
    お母さん「ううっ・・・ジョン・・!私のせいよ!私がお遣いなんて頼んだから!」
    お父さん「しっかりするんだジョセフィーヌ!」
    それ以来、家族は火が消えたように暗くなってしまった。

    二ヶ月後、ジョンはどうなっただろうか。ジョセフィーヌさん宅を訪れる。
    するとそこには、元気に庭を走り回るジョンの姿が!
    ジョン「とても怖かったよ。もう絶対に振り向いたりなんかしないよ!痛いのはゴメンだし、パパやママも悲しむからね!」
    お母さん「先生にジョンの回復は奇跡としか言い用がないと言われました。多分ジョンの生きたいという気持ちが神さまに届いたのかもしれませんね。」
    今日もアメリカの空には、ジョンの元気な声が木霊するのであった。   完






    509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/27(月) 23:19:41.32 ID:5mYlsin1O

    >>503
    普通に全部読んじまった





    512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 23:26:04.68 ID:9Mz5dEY50

    >>503
    よくある感動実話再現VTRwwwww





    574 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 02:37:28.74 ID:ygrwu+vR0

    >>503
    まる見えかwwww





    521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 00:01:16.78 ID:bJV5a1vfO

    パウロ・コエーリョ

    予想もしていなかったことが起った。ある日の午後、彼の背後で大きな音がした。
    振り向いた彼のまわりを、凄まじい熱と光がつつんだ。これは妄想ではなかった。
    「私は死ぬのだ」その一瞬、彼はそう思った。「そして、神が死後、我々をどこへ送られるのか見きわめよう。
    大空の中心へ行くのだ」





    538 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 00:46:06.50 ID:DbqcbfUAO

    宮下あきら(男塾)

    富樫「な、なんだ! いまのスゲー爆発は!?
    雷電の奴が消えちまった!」
    虎丸「おい、後ろを見ろ! 雷電はあっちだ!!」
    雷電「不不不不……これぞ大往生流秘奥義 大那埋斗!!」

    ――一般に、ダイナマイトはノーベルにより発明されたとされるが、
    その原形が古代中国にあったという事実は、あまり知られていない。
    中国には、古来より大那埋斗(だいなまいと)と呼ばれる火薬が存在した。
    賢明なる読者諸兄ならばお気づきであろうが、現在のダイナマイトの原形である。
    これは煮斗炉(にとろ)と呼ばれる特殊な液状の爆薬を、ケイ藻に染み込ませ安定させたもので、
    その製法は代々の秘伝とされていた。
    これを用い大規模な治水・潅漑工事を行うことで、中国は一大帝国を築くことが出来たのである。

     民明書房「私のハートに火を点けて」より――




    540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 00:47:55.92 ID:csWCSdTY0

    ダグラス・アダムス


    「爆発だ!」

    ――
    よく知られることだが、我々が眼にする事実と実際の真相は頻繁によく食い違う。
    彼が爆発音だと思った轟音は○○星人の排泄音であるし、鼻をついた臭いはもちろん糞の臭いである。
    ○○星人は排泄でコミュニケーションをとる世にも珍しい知的生命体だ。
    “銀河ヒッチハイクガイド”によると○○星人の排泄音はいくつもの音節で区切られており、声帯を用いる生物と同程度のコミュニケーションが可能だ。
    彼らは排泄で音楽を奏でることにも秀でており、最も優れた排泄音楽家には惑星一の栄誉が与えられる。




    553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 01:20:46.10 ID:PuubLxOM0

    よしもとばなな

    背後から、どかーんと大きな音が聞こえた。私はその時間もなぜか好きだった。
    人々の素の顔から匂ってくる生活の重さみたいな爆風が心地いい。
    今日はお刺身にしようと思って私は振り返った。






    561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 01:38:15.54 ID:/6nQn6ap0

    ブロントさん
    おれはリアルでは文句系の不漁でシマでは絶大な人気とカリマスを兼ねそないているのだが
    こないだ町を歩いていたら背後で爆発音(大きい)がしたので何事かと振り返って見たものの
    おれが振り返ったことで余計に貧弱一般人があわて二めくさまを見せながら俺に注目するので
    おれは「いや別にビビってないから爆発でビビルとか俺のシマじゃノーカンだから」
    と教えてやってそのあまま帰って寝た多分不良界で伝説になってる





    566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 02:13:12.06 ID:4XnT8HsxO

    太宰治
    かくも愚かな人間なりや

    私の背のそのまた背の方でなにやら大きな炸裂音がしました…
    私は子供の頃に父と行った花火の事などをなんとはなしに思い返しておりました花火はただ人間を楽しませるためだけに存在し瞬きの中に消えていく真に儚い道楽です
    それをやいやと悦に入って愛でる人間の愚かしさや乱暴さを思うとどうにも気持ちが悪くなったものです
    それでも私は振り向くのです…振り向かざるをえないのです…

    一切を好奇に委ねるままに




    580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 03:02:51.55 ID:2gToaPLv0

    松尾芭蕉
    爆発や 吹く松風に 振り返り






    583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 03:15:11.90 ID:2gToaPLv0

    穂村弘
    サバンナの象のうんこの爆発に 地球の丸みで振り返れ熊

    枡野浩一
    好きだった爆発してたあのころの日々あのころに振り返る君

    俵万智
    爆発のやさしい熱に振り返る あなたの事を愛してみたい





    589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 03:30:48.79 ID:OxzTXZUPO

    酒見賢一
    筆者は紅葉が爆発などで振り向くとは思えないのだが
    歴史書にそう書いてあるのだから仕方ない





    593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/28(火) 03:41:34.24 ID:6VwnHtSQ0

    シラー
    いかに敬虔な人間でも、後ろで爆発した奴が気に入らなければ平穏には振り向けない。





    597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 03:48:56.63 ID:dU/Esqs60 ?2BP(11)
    sssp://img.2ch.net/ico/suika.gif

    オウフwwwいわゆるストレートな爆発キタコレですねwww
    おっとっとwww拙者『キタコレ』などとついネット用語がwww
    まあ拙者の場合爆発とは言っても、いわゆる現実世界での爆発でなく
    アニメーションにおける芸術表現として見ているちょっと変わり者ですのでwww金田伊功の影響がですねwwww
    ドプフォwwwついマニアックな知識が出てしまいましたwwwいや失敬失敬www
    まあさすがにリアルの爆発は痛いし熱いし迫力もあるなと賞賛できますがwww
    私みたいに一歩引いた見方をするとですねwww庵野爆発以降の様式美と
    写実表現の印象主義的な表現方法ととしてのですねwwwwwwあつっwww熱っwwwwww
    特撮表現との関係性はですねwwww熱っつうwwwwwしゃれならんwwwwwww
    フォカヌポウwww拙者このままでは死んでしまうのではwwwwwwwwww
    振り向いたほうが良かったwwwwwちなみに最期に言わせてもらうと拙者オタクではござらんのでwwwwwwwwwwグッハァwwwwww





    605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 04:23:13.20 ID:ygrwu+vR0

    >>597
    糞ワロタwwww




    603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 04:12:07.80 ID:QsQnRKDp0

    普通運転免許問題集
    背後で爆発がある交差点に差し掛かったとき、
    反対方向から来た車が右折しようとしたが、直進優先なので、そのまま進行して交差点内に停止した

    車を運転して横断歩道のない交差点に近づいたとき、その背後で爆発が起きたので、その爆発を妨げないように徐行した




    612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/28(火) 08:29:53.54 ID:DbqcbfUAO

    東スポ

    爆破事件の背後に潜むのは宇宙人
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    か?







    151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:06:32.40 ID:yuTVl/R80

    wikipedia

    爆発音とは、物が破裂したときに発生する音のことである。[要出典]





    24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 16:39:37.93 ID:REmjFGbu0

    はてなにかなりの量がまとめてあった
    http://anond.hatelabo.jp/20080506041614





  • はてなブックマーク - 小説家ごとの「背後で爆発が起きて振り返る」完全版つくろうぜ
    同じカテゴリーの記事
    22:30 | トラックバック:0 | コメント:78 | 先頭 | TOP



  • トラックバックURLは http://chaosch.blog106.fc2.com/tb.php/356-c240d966

    トラックバック


    コメント

    by名無しカオス : URL
    >>池上彰
    秀逸wwwww
    234659/2010/09/26(日) 22:43:44 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    皆なかなか上手いなw
    234660/2010/09/26(日) 22:50:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>18がかなりいい!!
    234661/2010/09/26(日) 22:53:48 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    いいね(・∀・)
    なかなか面白かった
    234662/2010/09/26(日) 22:58:48 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    すばらしい
    234663/2010/09/26(日) 23:03:02 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >87
    これは良い犀川
    234664/2010/09/26(日) 23:04:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    誰か秋山瑞人もつくってほしい
    234665/2010/09/26(日) 23:04:28 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    だからその才能を他のところで活かせよ
    234666/2010/09/26(日) 23:04:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    これはワロタw
    234667/2010/09/26(日) 23:04:47 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    要出典厨wwwww
    234668/2010/09/26(日) 23:05:20 #-[ 編集]


    by  : URL
    FPSわろっしゅwwww
    234669/2010/09/26(日) 23:07:55 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    京極とキングクソワロタ
    234670/2010/09/26(日) 23:08:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    むかーし、カフカの変身を題材にして、同じことをしてたな。
    234671/2010/09/26(日) 23:08:41 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL

    中也でやられたwww

    234672/2010/09/26(日) 23:10:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>14
    とても北方さんらしいです
    234673/2010/09/26(日) 23:11:16 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    阿刀田高とはマニアックな...
    筒井康隆とか酒見賢一とかも欲しいな
    234674/2010/09/26(日) 23:15:31 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    [要出典]じゃなくて{{要出典}}だろ
    って思った俺は重度のウィキペディアン
    234675/2010/09/26(日) 23:15:59 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    いまいち。
    その人の代表的作品に、ねじこめば良いと思っているヤツの程面白くない。
    きちんと作風を理解して書いている人のは面白い。
    234676/2010/09/26(日) 23:19:21 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    勝俣と千原jrが地味にツボなんだがwww
    234677/2010/09/26(日) 23:19:37 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    面白いww
    234678/2010/09/26(日) 23:19:57 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>162
    なんという茶色い戦争
    234679/2010/09/26(日) 23:20:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    成田と森見があり得るなwwww
    234680/2010/09/26(日) 23:24:20 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    鳩山www
    234681/2010/09/26(日) 23:25:02 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    板垣恵介は間違いなくインタビュー形式だろうな
    234682/2010/09/26(日) 23:31:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    なんで良純がいないんだよw
    234683/2010/09/26(日) 23:33:02 #-[ 編集]


    by : URL
    素晴らしいw
    234684/2010/09/26(日) 23:36:04 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    誰か西野カナで作ってくれ
    234686/2010/09/26(日) 23:41:58 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    個人的にはシャドウゲイトがツボだったw
    234687/2010/09/26(日) 23:45:59 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    やっぱりかまちーは轟! だねw
    234688/2010/09/26(日) 23:46:30 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    石原良純「えーっ?!奥さんが爆発ぅ?!こういうとき、タウンページが役に立つんですよ」
    234689/2010/09/26(日) 23:54:11 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    西野カナ
    「私は会いたくて会いたくて震えた」

    ※234686
    もうこれでいいだろ
    234690/2010/09/26(日) 23:55:03 #-[ 編集]


    by  : URL
    川上稔それっぽくてふいたwwwwwwwww
    234691/2010/09/26(日) 23:57:51 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    これはどう?

    ◆マイケル・サンデル
    「例えば、君の後ろで大きな爆発音がしたとしよう。そんな時、君たちならどうする?はい君・・・そう、大抵の人は君と同じように驚くと同時に、状況確認のために振りかえるだろう。君の名前は?」
    234692/2010/09/27(月) 00:09:57 #JXoSs/ZU[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    「その時である!」

    『ホァアアアアッ!!!』
    234693/2010/09/27(月) 00:13:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    森博嗣のはS&Mシリーズだなw
    234695/2010/09/27(月) 00:24:13 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    はっきりいって今更このネタかよ・・・ネットではとっくに出回ってるネタなのに。もう旬すぎてる。コメント欄もいまいちだし。正直どういう情報収集してんのかと・・・
    234696/2010/09/27(月) 00:26:43 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    みさくら語わからないよ・・・
    234697/2010/09/27(月) 00:28:46 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    誰か宮城谷昌光やってくれんか
    234698/2010/09/27(月) 00:33:48 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    福本伸行は

    「爆発っ…! ここで爆発っ…! 
    それはまさに…日曜の朝――、遅く起きてあくびをしつつ、ソファーに寝転んで何気にTVを着けた瞬間、突如、隕石が居間に落下したかのような衝撃っ…!
    『ハァ…!? 何…!? 何これ…? 何が起こったの?』
    この爆発はまさに想定外…! 意外中の意外っ…!!」

    だろ
    234700/2010/09/27(月) 00:50:12 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    秋山瑞人

    その瞬間、今度こそ本物の恐怖が襲ってきた。
    爆発だった。
    クラスの誰もが身じろぎ一つ出来なかったし、呼吸すら忘れたんじゃないかと思う。
    日頃の粋がりなんかハナクソほどの役にも立たないことを思い知る。
    茫然と振り替える。
    パニックが間近にせまる。
    234701/2010/09/27(月) 01:05:14 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    むさしのあつし

    ボオオオオドオオオオ
    「爆発!?一体何が起こったんだ!?」
    「やっぱり爆ちゃんかー!!」
    バカハツー
    234702/2010/09/27(月) 01:10:41 #0Rz4wf6I[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    森美はあると思ったw やっぱかきあじやスタイルが独特なのじゃないとつくりづらいな
    234703/2010/09/27(月) 01:12:22 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    安部公房
    背後で、○○のような爆発音…分からないかな?…
    爆発ですよ、爆発…爆発がなければ、振り返る楽しみも同様にないわけですからね。

    氏らしい比喩がどうしても思いつかない
    やっぱすげえわ
    234704/2010/09/27(月) 01:27:28 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    なんでこいつらこんなにうまいんだよ…
    234708/2010/09/27(月) 02:19:20 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    池波正太郎
    茅葺峠の麓のは「伝ろく」は、半兵衛が予てよりなじみのおかよが働いている小料理屋である。
    半兵衛が暖簾をくぐると、でっぷりした体躯の主が笑顔で出迎えてきた。
    「へえ、いらっしゃいませ」
    「主、久しいな。先ずは熱いのをもらえるか。あと肴を適当に」
    半兵衛は仕事で纏った銭が入ると主にたっぷり心付けし、休暇の度にあしげくおかよの元へ通っている。
    当然、主は半兵衛とおかよの仲をを知るであったが、金払いのよい半兵衛には何も言うとことはなかった。
    程なく運ばれてきた突出の白和えに舌鼓を打ちつつ、半兵衛は猪口の中身をふぅふぅ言いながらあおった。
    そのときであった。
    (おや…)
    思わず、端を置いた。
    遅れて、火消しの怒声が走ってきた。


    234709/2010/09/27(月) 02:57:13 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    作家じゃないけど『芸術は爆発だー!』の人しか思い出せないw

    >87
    なんという犀川
    234710/2010/09/27(月) 03:40:15 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    たった数文で単純な出来事なのに
    文章に個性が出るってのはすごい面白いと思うw
    234711/2010/09/27(月) 04:24:19 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    あだち充うまいな
    234721/2010/09/27(月) 08:18:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    三島由紀夫

    この世の終りを思わせる・女の絶頂の叫びのような・熱情的な轟音が彼を震撼の極致へと落としやった。荒削りな磊落さは彼のあらゆる挙動を子供じみた遊戯の戯画に貶めるに充分であったが、この野放図な哀切は、たとえ真実の爆発をあらゆる背理の上に立たせる力をもつとしても、爆発それ自身の背理の上にだって立たせる力がないとは言い切れまい。
    234722/2010/09/27(月) 08:21:53 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    森博嗣だったら・・・って考えてたのと同じようなのがやっぱり書かれるんだなw
    234723/2010/09/27(月) 08:24:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    島田荘司無いか
    234728/2010/09/27(月) 10:10:01 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    個人的に>>38のドストエフスキーが究極

    職場で笑いそうになっちまった
    234733/2010/09/27(月) 12:35:21 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    みさくらがあって安心した
    234734/2010/09/27(月) 13:53:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    朝日新聞社説

    後ろで大きな爆発音がしたことについて、振り返るべきだという声もある。だが、心配のしすぎではないか。
    234736/2010/09/27(月) 14:27:58 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    新井素子を誰か作ってくれ!
    234737/2010/09/27(月) 14:41:43 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    だいなま いとうワロタwww
    234743/2010/09/27(月) 17:31:40 #-[ 編集]


    by  : URL
    鳩山wwwwwwwww
    234744/2010/09/27(月) 17:39:51 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    FPSwwwwwww
    234746/2010/09/27(月) 18:41:08 #-[ 編集]


    by  : URL
    松本「こないだ六本木行ったんです。まあしょーもない用なんですが」
    浜田「嫁か」
    松本「プッ・・ええやないですか、別に。まあ目的地着いたんです。で、店の中入ったんです。そしたら後ろでいきなりぼかーんって」
    浜田「爆発か」
    松本「まあ無視して買い物してたんですけどね」
    浜田「見ろやww」
    234751/2010/09/27(月) 20:39:20 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※234703 どうだろう
    森見登美彦
    「背後で大きな爆発音がしたが私は振り返らなかった
     正確には驚きすぎて振り返ることすらできなかった
     むしろ振り返ったところでどうなると言うのか!
     そこにはただただ塵と化した有象無象のガラクタが
     有るばかりではないか!!」
    234758/2010/09/27(月) 21:26:58 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    賀東はまんま長編一巻のワンシーンじゃねーか!
    234760/2010/09/27(月) 21:35:30 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    コナン・ドイル

    その時大きな音と共に部屋中が白い煙に包まれた。
    驚いて振り返ると、その煙の中をまるで蛇のように素早く動く何かの影があった。
    「見たまえ、ワトソン君」
    煙が晴れると、ホームズはつかつかと近寄り右手で何かを掲げた。
    「これが今回の事件の真犯人、アジアドクマダラナガハナアルキだよ」
    毛むくじゃらで異様に鼻の長い、奇怪きわまりない生物がホームズの右手にぶら下げられキーキーと耳障りな鳴き声をあげている。
    「それは、一体何だい?」
    私はこわごわとたずねた。
    「君が知らないのも無理はない。こいつはインドに生息する珍しい生き物で、鼻の先から強力な毒針を出して相手を刺し殺してしまうんだ。かつてインドの王はこの生き物を使って拷問を行ったらしい。僕も見るのは初めてだ」
    「そんな生き物がなぜここに?」
    「さて、それについては我が親愛なるウラディミール・ヤス侯爵に詳しく話を聞かせてもらう必要があるだろう。この事件でインドに関わりがある人物は彼だけだからね。すまないがワトソン君、至急馬車の手配をしてくれないか。話はすぐにすむだろう。そういえば、昼飯がまだだったね。帰りに侯爵邸の近くのレストランに寄ろう。あそこの子羊のシチューは絶品だよ」

    ―シャーロック・ホームズの奇行― 『犯人はヤス』
    234779/2010/09/27(月) 22:54:18 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    プラトンwww
    まさかの国家篇www
    234785/2010/09/28(火) 00:18:50 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    全体的に素晴らしいw
    中原中也ワロタ
    234792/2010/09/28(火) 01:55:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    すげー
    爆笑したし、素直に感心したw
    どれも作家への愛にあふれてるな
    234797/2010/09/28(火) 08:17:58 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    週刊少年マガジン

    !?
    234806/2010/09/28(火) 09:42:13 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    昔は文体模写スレといえば「変身」だったのに
    234808/2010/09/28(火) 10:22:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>597がひどすぎるwwwwwwww
    234813/2010/09/28(火) 12:01:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    一瞬だった。
    熱を持って爆風が馳せ流れた。空気を伝って。背中へ、全身へ。
    僕の生存本能が悲鳴を上げている。
    …なぜ、よりによってこのタイミングなのだろう。
    あと一時間遅ければよかったのに。
    いや、この爆弾が不発であればよかったのに。
    或いは、消防服でも着ていれば助かったのだろうか。
    ―――そんな事をとりとめも無く思った。
    そして僕は、今際の際でも自分が人並みに冷静でいられることに一種の陰惨な喜びすら感じていた。
    234850/2010/09/28(火) 23:54:25 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    TUBE

    夏のSun Shine 君の後ろから
    夏のSun Shine 迫るBomb and Bomb
    君はけだるげに振り向く so Sexyさ
    234914/2010/09/29(水) 21:52:05 #JalddpaA[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    舞城は平凡な擬音を使わないだろ
    ブワゴロオオオルンとかそんな擬音
    234972/2010/09/30(木) 19:41:01 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    八手三郎

    ダイダイダイダイナマン
    背背背後で大爆発だー
    ダダッダー
    235157/2010/10/03(日) 19:33:34 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    高橋留美子

    「ちゅど~ん」
    235311/2010/10/05(火) 00:30:32 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    中原中也が一番面白かったw
    235433/2010/10/06(水) 16:57:47 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※234737 これだとどうかな?
    ◆新井素子
    てくてく歩いていたあたしの耳に、ちいさな爆発音が聞こえてきたような、気が……したと、思うわけ。それも……今、まさに通り過ぎた場所、背後から。
    現に近くを歩いていたおじさんも、不思議そうな顔できょろきょろしている。しかし、あたしは、それにつられて振り返りたかったわけじゃ、ない。
    「ううん、あたしはレイディなんだから。もっと……仕合せな生き方ってものが、この世にはあるのよね」なんて、淋しいあたしひとり、独りごちながら。
    爆発なんてものは、知らないふりをするのがレイディなのだ、けれど。
    そんなくだらないことをぐるぐると考えながら、結局あたしは、振り返った、のだ。
    235954/2010/10/14(木) 00:01:38 #uBfUABJ6[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>1
    いいかげんラノベじゃなくて谷川 流って書け
    ラノベ全部があんな言い回しじゃねーよボケ
    237802/2010/11/02(火) 18:24:06 #-[ 編集]


    承認待ちコメント by :
    このコメントは管理者の承認待ちです
    238286/2013/05/29(水) 06:26:58 #[ 編集]


    承認待ちコメント by :
    このコメントは管理者の承認待ちです
    238289/2013/06/22(土) 02:23:50 #[ 編集]



    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    | このページの先頭へ |

    カテゴリー

    逆アクセスランキング

    管理人お勧め記事

    はてな人気記事

    最近の記事

    最近のコメント

    リンク集

    過去ログ

    2010年 11月 【9件】
    2010年 10月 【75件】
    2010年 09月 【40件】
    2008年 01月 【14件】
    2007年 12月 【38件】
    2007年 11月 【54件】
    2007年 10月 【69件】
    2007年 09月 【83件】
    2007年 08月 【45件】

    あわせて読みたい

    あわせて読みたい
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。