カオスちゃんねる跡地

移転しました

移転しました

※カオスちゃんねる移転のお知らせ
カオスちゃんねるは移転しました。
お手数おかけして大変申し訳ありませんが、
リンク・ブックマーク等の変更をよろしくお願い致します。

移転先URL http://chaos2ch.com/
移転先RSS http://chaos2ch.com/index.rdf

携帯版移転先URL http://blog.m.livedoor.jp/chaos2ch/

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
    --:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


  • 俺が見てる色とお前が見てる色が一致していることを証明不能な件

    ] 2010/10/20(水)

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:22:08.77 ID:vXTmxA7G0
    例えば俺がだと思っている色がお前はだと思っている可能性すらあるんだよ





    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:23:25.91 ID:07NNzWlsO

    >>1
    中二病乙






    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:25:06.56 ID://9MEPplO

    それ俺も考えてた!






    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:27:59.77 ID:a2fyOuOV0

    こういう問題に対して中二病という言葉を使うのは科学を大して知らないお馬鹿さん






    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:29:35.89 ID:tbGmt2g1O

    みんな考えるんだなぁ。これ。
    生まれたときから概念が違えば、異相概念がぶつかっても矛盾が生じないってことだよな?






    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:26:35.30 ID:E3vg30kJ0

    でも黒は正しいと思うんだ





    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:29:39.18 ID:u6yixfTFO

    白と黒は間違えようがない





    18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:32:43.42 ID:ZrEVD4ZvO

    いや、黒も怪しい
    例えば人間は可視光線しか見えないから、「可視光線は吸収するが赤外線を反射している黒」と「赤外線も吸収している黒」の見分けがつかない
    それらはもちろん違う色だし、実際赤外線の見える生き物には違って見えているはず
    けどこの二つの黒の片方ずつをA君とB君に見せたら、二人ともただ黒いとしか言わないだろうね





    23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:34:51.79 ID:daltE7B6O

    でも明度に関しては認識一致してると思う。






    26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:37:30.20 ID:Tewy6ut50

    同じ人間なんだからほとんど同じだろうきっと
    証明はできないけど






    36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:56:55.02 ID:Y3a5ekSzO

    厨二病が考えそうなことだなぁ







    42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 20:59:43.97 ID:iR7a9Hqd0

    >>36
    遡ればギリシャ哲学の時代からあることだけどね






    44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:00:36.74 ID:07NNzWlsO

    どのように見えていようとオレンジ系は暖色 青色系は寒色という色の感じ方が皆同じだから問題ない






    64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:26:51.98 ID:1HobWJ29O

    人間が脳内で色を決定するために使う情報は光の波長
    脳が光を認識するまでの経路を考えると、物質への入射光、物質内外での光の干渉と反射光、それから光の通る媒体の屈折率などが光の波長に関係する。
    そりゃあ同じ波長でなんて見れないよ。ましてや脳内での波長と色の認識テーブルは個人差が大きいはずだからな。







    69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:35:20.72 ID:iR7a9Hqd0

    >>64
    それはまた少し違う問題だな。
    スレタイ的に言えばお前が考えてる波長と俺の考えてる波長は~
    って事だ。

    独我論が否定できないけどどうしようって話






    71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:38:58.89 ID:1HobWJ29O

    >>69
    なるほど。そしたら俺にはわからんわwww






    75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:46:35.96 ID:iR7a9Hqd0

    >>71
    まあ暇人の妄想と言われたらそこまでのことだからなw

    独我論というのは、ここでもたまにある
    「コメントしてるのは俺だけでお前ら全部プログラムなんだろ?」
    というようなゾクっとする感覚のことね。





    68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:31:07.08 ID:ls8WYqKk0

    色の相関図的に考えれば>>1の言ってることはありえない






    102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:42:13.68 ID:G129TB1n0

    ゲーテ「色彩は単なる主観でも単なる客観でもなく、人間の眼の感覚と、自然たる光の共同作業によって生成するものである。」




    ゲーテの「色彩論」では色彩は光の「行為」として捉えられているよね







    116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 23:04:58.70 ID:uoFnSstM0

    RBGの数値で表わせばいいんじゃね?





    74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:43:22.61 ID:VG7fFlJvO

    この話小学校の時に担任の先生に話たら「今君の中で哲学が生まれた」とか言われた
    当時は何言ってんだコイツとか思ってたが
    このスレ開いたら永田先生ばかりで吹いた






    76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:48:03.77 ID:LDEGVHsV0

    ピンク色の波長ってのは自然界にないらしいな







    106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:47:09.64 ID:J+Pt+u6x0

    >>76 ピンクは緑の補色ってやつ?




    ●動きを追うとピンクだけ
         
    ●真ん中のプラスを見つめると緑
          
    ●そのままプラスを見続けるピンクが消える




    77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:50:00.22 ID:zNGdH7ys0

    目を瞑って何も見えなくしても何も見えないのが見えてるわけで目が見えない人が見ているものとは違う






    80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:56:00.34 ID:iR7a9Hqd0

    >>77
    極論になるが、
    目を瞑って何も見えなくしても何も見えないのが見えてる

    目を瞑って何も見えなくしても何も見えないのがさわれる

    という感覚とは絶対違う事を証明できないんじゃないか?という






    82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:03:00.47 ID:FueTW8xY0

    http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/kuoria.html

    クオリアについて、一番厄介な本当の問題は、
    今後、科学がどんなに進歩しようとも、
    この謎を解き明かす見込みはまったくない、
    不可能である
    と言うことだ。

    というのは、そもそも、脳を解剖して、その動きをどんなに調べようが、
    「赤い」という「質感(クオリア)」を取り出すことも、
    なぜそういうものが起きているのか説明することも、
    決してできないからである。

    たとえば、僕の頭に電極が刺されていて、僕が赤いものを見たとする。
    すかさず、脳科学者は
    「あ、今、キミの脳内で、これこれこういう化学反応が起きているよ」
    と説明するかも知れないが、それは決して、
    「まさに今僕が感じているこの色」
    の起源、仕組みを説明したことにはならない。

    これは、ようするに、今後、人間の科学技術が進んで、
    「脳を原子レベルで全部調べて、その動きを完全に解明できた」としても、
    やっぱり 「『この私』に生じている『この赤』は一体どこから、
    どういう仕組みで起きたのか?」
    を説明することができない、ということであり、

    「物質を追いかけて、その動きの法則性を調べる」
    という現代科学的なやり方では、
    「我々の意識の上に起きている『この質感』」の起源を
    原理的に決して解明することができないということだ。







    83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:10:39.52 ID:iR7a9Hqd0

    >>82
    哲学が面白く感じられてくるんじゃないか?
    イデア とか 言語論的転回 とか調べてみると面白いかもしれない。

    ただそういう文脈だと
    「脳を原子レベルで全部調べて、その動きを完全に解明できた」
    これができるかどうかとまず考えなければいけない。
    これはラプラスの魔という問題。





    84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:18:14.18 ID:bRH34Yxw0

    はいはい二重スリットカオス理論








    79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 21:53:34.80 ID:awUMZJGCO

    信号の色をみんなで左から順番に言えばいんじゃね?







    85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:20:37.99 ID:SpkLHEcWO

    もしみんな同じ色だと認識出来なかったら信号とか存在しなくね?







    87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:22:13.35 ID:dkvX3Mqb0

    >>85
    そうじゃねえ
    お前が見てる赤」と「俺が見てる赤」はどちらもかもしれないが、
    お前が見てる赤」は俺にとっての青かもしれない、そういうことだ






    88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:25:35.71 ID:SpkLHEcWO

    >>87
    携帯の俺でも何言ってるのかさっぱりわからねぇ






    90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:30:24.90 ID:iR7a9Hqd0

    >>88
    ルッキーニは俺にとってもお前にとっても嫁かもしれないが、
    俺の思いのほうがお前より強いかもしれないと言う事だ。





    92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:32:26.85 ID:1dcdytn3O

    >>1が言ってる事をまさに俺も良く考える
    ただ友達に説明しても「共感覚」とか「色盲」とかとごっちゃにされてうまく説明出来ないんだよね
    虫の目と人の目とかで例えたら分かりやすいかもね
    逆に人の目では見えない色や、もしくは光など見える生き物や人物がいても可笑しくない







    96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:35:57.70 ID:iR7a9Hqd0

    >>92
    それを人間が共有できるか?
    じゃなく
    対象として根本的に共有できない、これからの自分の人生のなかで
    一度たりとも味わえないことがあるんじゃないかっていうような違いでしょうか。






    101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:40:53.79 ID:1dcdytn3O

    >>96
    色の話ですか?
    少なくとも人同士ならば共有はしてるんじゃないですかね?
    自分にとっての赤が人には青く見えていたとしても対象は変わらずに赤と認識されているなら、その人の青く見える赤はまさに赤色なんですから






    107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:48:29.69 ID:iR7a9Hqd0

    >>101
    自分とその人、の間の「変わらずに認識されている」が誰にとってなのかと
    思いませんか?







    110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:53:18.74 ID:1dcdytn3O
    >>107
    難しいですねw
    例えば世代間で受け継がれてきた赤色とゆう概念…
    ここまできたら赤色や青色とゆう言葉が意味をなさなくなって来てますねw





    117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 23:06:49.59 ID:iR7a9Hqd0

    >>110
    哲学的な人ですね。哲学の歴史もそういうまあ意味の側って言うのかな?
    赤やら青やら触感やらの側から考えてきたんだけど、ある時言語論的転回
    という事が起こった。例えば赤ちゃんは
    「りんご」
    という言葉を親のまねをしてすぐ覚えるけど、でも意味はわかってないよな?
    と。つまり赤いやら丸いやらの意味は、言葉とか声を覚えた「後からついてくる」のではないかと。
    と言う事はりんごって聞いたり読んだりして思い浮かべるそもそもの個人の領域は、
    これまで考えてた差異とは格段にまったく違うんじゃあないだろうか。というような





    119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 23:18:39.53 ID:/w88NYxj0

    物の命名と物の本質はある意味無関係なのに・・・
    「赤」っていうのは、赤りんごや血と同じ発色をする物を基準にして名付けてるに過ぎない
    だから、「色彩中枢をとっかえたら色が変に見える」という話と
    「他人の赤が俺の青」とかいう話は根本的にすれ違ってるだろ






    97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:36:15.18 ID:1dcdytn3O

    人は自分の靴のサイズで物事を測るとゆう本質が見えますね
    自分にとって真実で無いものが他人の真実かもしれない
    逆もまたしかり
    そして同時に真実であり、同時に真実で無いとゆう事がこの世にはある






    103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:42:30.64 ID:bRH34Yxw0

    この俺が感じている「青」の質感がお前も同じように感じているのかどうかは永遠に分からないのだ






    105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:43:57.15 ID:bPhMASYEO

    俺も昔かんがえたわぁ
    んで言語も一緒だなって
    翻訳どころか同じ言語同士でも相手を理解したつもりになれるなんておこがましいと思うよ






    89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:29:57.09 ID:XE43xtOa0

    あなたの方からみたらずゐぶんさんたんたるけしきでせうが
    わたしから見えるのは
    やっぱりきれいな青ぞらと
    すきとほった風ばかりです

    でおk?賢治良い事言うよな






    104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/29(水) 22:43:27.22 ID:XE43xtOa0

    嬉しいときに見た景色と
    悲しいときに見た景色は
    同じ経験をつんで来た自分でもやはり違う
    毎日見た景色が曇ると言う事は自分自身の慣れから来る物体象の簡略であり
    それは景色が悪くなったのではなく自分の心が悪くなったという物だ
    人と言うものは一番良く知った自身でさえ感情遺憾でこんなにも世界を違える
    それで真実だというのだから人はまた面白い

    ニーチェ





  • はてなブックマーク - 俺が見てる色とお前が見てる色が一致していることを証明不能な件
    同じカテゴリーの記事
    18:33 | トラックバック:0 | コメント:54 | 先頭 | TOP



  • トラックバックURLは http://chaosch.blog106.fc2.com/tb.php/462-22cd1729

    トラックバック


    コメント

    by名無しカオス : URL
    こういうのに対して中二病呼ばわりするのはさすがに・・・
    どんだけ馬鹿アピールしたいの
    236337/2010/10/20(水) 19:04:23 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    つまり科学の証明の鍵は中二病患者が握っている、というわけだな
    236338/2010/10/20(水) 19:15:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    そうするとクオリアは哲学分野だから
    哲学者は中二病ってことになるな
    236339/2010/10/20(水) 19:18:08 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    この手の問題って超俯瞰視的目線で眺めるとすごく滑稽に見えるんだよな
    どう考えているかが手にとるように読み取れる
    中途半端に哲学に触れる奴らがすきそうな問題


    236340/2010/10/20(水) 19:18:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    哲学の基礎ってやつだな
    236341/2010/10/20(水) 19:24:27 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    一つの感覚器に複数の脳をつないだらどうなるんだろうね
    双頭の奇形とかなら感想を聞けるかな?

    ところでスレタイを厳密に述べると、名前とその対象との対応関係を数学的に証明できないということなんだけど勘違いしてる人多いね
    236342/2010/10/20(水) 19:24:51 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    >>1の「赤」と「青」の文字色が逆転してるんだが。
    えっ、ひょっとして君には「赤」が「赤」に見えてる?
    236343/2010/10/20(水) 19:28:26 #m4//EASE[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    パソコンに取り込んでスポイトこぴぺすれば云々
    236344/2010/10/20(水) 19:30:01 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    この手の話に限ったことじゃないけどさ
    何でもかんでも厨二病乙っていえば見下せる、優位に立てる
    って勘違いしてる阿呆が多すぎて辟易するわ
    236345/2010/10/20(水) 19:30:50 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    色弱の俺には本当にお前らとは違う色が見えてるんだが・・・   


    236346/2010/10/20(水) 19:34:59 #-[ 編集]


    by  : URL
    その問題についてだけの話なのに、拡大解釈したり、そもそもの話を勘違いしてたりする奴らばっかりだな。
    236347/2010/10/20(水) 19:35:07 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    そんなもん赤色って定義を同じ波長の物質で共有すれば、
    眼球のrod cellの数と光の波長が同じだったら同じだろ。
    236348/2010/10/20(水) 19:46:17 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    102で出されてるゲーテによる解は、まだ神のいた頃の近代で主流だった考えだな。
    このクオリアの問題は、神が死んで、世界の規律を定めたものがいなくなってから建てられた問題で、そういう解はもうさんざん反証されてる。
    236349/2010/10/20(水) 19:46:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    「今見えてるこの色」ってどうやっても説明できないんだよ
    赤のことをリンゴやポストと同じ色だよって説明したところで
    例えば色相環がネガポジ反転してて、リンゴやポストが緑色に見えてた人でも
    「そうだね、赤はリンゴやポストと同じ色だね」って言うだろう
    何ナノメートルの波長をもった光のことだよって言っても同じこと

    って言う話だよね?
    236350/2010/10/20(水) 19:47:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    まぁでも2人の人間が赤と認識している色が違う色彩に見えていたとしても、
    実生活に関しては問題のあることではないからどっちでもいいっちゃいいんだけどね。
    実際人間の感覚器が受け取るものに関しては正確にこれが正しいと出来るものはないからな。
    そういうこと考えるのは好きだが。
    236351/2010/10/20(水) 19:48:20 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    マルコヴィッチの穴があれば分かるんだけどな
    236352/2010/10/20(水) 19:50:54 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※236348
    赤色の定義が同じであるのは証明できる。
    例えばリンゴを見て感じる色を赤と呼ぼう、または、知を見た時の、ポストを見た時の、ある波長であるrod cell数で受け取った時の色を赤と呼ぶって感じで赤と呼ぶ色の定義は規定できるし、共有できる。
    でも、そうしたものを見て実際に意識に生じるクオリアは、それが感覚的なものである以上、直示できないから、同一であると証明するのは不可能に近いレベルで困難。
    236353/2010/10/20(水) 19:53:19 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    よく創作物にある身体の入れ替わりみたいなことが出来たら比べられるんだろう
    236354/2010/10/20(水) 19:54:44 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    「そこの赤い本とってー」っていえば解決じゃん
    236355/2010/10/20(水) 19:57:23 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    人によって錐体細胞の数違うんだから違うだろそりゃ
    236356/2010/10/20(水) 19:57:38 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※236340
    あいたたたたた
    236358/2010/10/20(水) 20:00:47 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※236356
    そりゃ同一のもので構成されているわけじゃないから全ての人間が微妙に違うように見えているんだろうけど、
    可能性によっては赤と青ほど明確に違って見えている可能性も否定できないってことだろ。
    236359/2010/10/20(水) 20:04:43 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    てきとーなんだけど
    AくんとBくんに同じ色についてRGB表示で数値だしてもらって比較してみればいいんじゃないかなぁ

    錐体、桿体の分布とか強度とか個人差あると思うから
    違く見えて当然かもねー
    236360/2010/10/20(水) 20:06:24 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    これって、ある人の目には赤が青色のような色彩に見えているがその人にとってそれは赤であり、
    またある人の目には赤が黄色のような色彩に見えているがその人にとってはそれが赤。
    当然その赤は同一のものであるってことだよな?
    236361/2010/10/20(水) 20:13:27 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    目からの入力→脳内スクリーン→それを見る小人さん
    と情報が伝わっていく、みたいな変な前提を置いてしまってる気がする
    236362/2010/10/20(水) 20:15:28 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    よく色を感情とかのイメージに使ったりするけど、
    それが大体同様に共感出来てればそれほど大きな差はないんじゃないかなとは推測出来る気がする。
    根本から感覚が逸脱してたらあてにならんけど。
    236363/2010/10/20(水) 20:18:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    これたまに考えるが、厨二なのかw
    でも本当にこればかりは証明不可だよね
    もう幽体離脱して誰かの体を借りて色を見るくらいしか思いつかん
    236364/2010/10/20(水) 20:29:44 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    クオリアスレ定期的に立つNE!
    236365/2010/10/20(水) 20:32:28 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    このスレを見てCHAOS;HEADを思い出したのは俺だけではないはずだ
    236366/2010/10/20(水) 20:33:26 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    色もそうだけど、形とかも本当に皆同じ風に見えてんかなーっておもってしまう。
    触れば解るだろって言われればそうなんだけど、そうじゃないんだよなー。
    突き詰めれば、俺が思っている世界と他人の思う世界が違う可能性だってあるんだよなーってね。
    236367/2010/10/20(水) 20:37:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    色って結局は周波数だし、
    スペクトル解析すれば終了。
    236368/2010/10/20(水) 20:38:44 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ※236368
    そういう次元の問題じゃない
    光が感覚器官を刺激して生じる色のその質についての話
    236370/2010/10/20(水) 20:43:01 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    クオリア問題ってちゃんと哲学やってる人の教えてもらうとすごく面白いよね

    心身二元論とかそういうやつやる時に物が心を持つかどうかって話になったときに習ったな
    236371/2010/10/20(水) 20:49:52 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    間違いなく厨二だ。

    今日の気温について俺の感じ方と、
    お前の感じ方は違うだろうって言ってるのと同じ。

    数値化しにくいものを対象にしてるから、
    妄想で補おうとしてるに過ぎない。
    236372/2010/10/20(水) 20:50:33 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL






    >>82









    勝手に俺のブログから天才するな。 ボケ!!!!!!!!!!!!!!!!!!1111111111111111










     
    236373/2010/10/20(水) 20:52:45 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ホント定期的に立つな
    と、思ったら2年前のスレか

    ※236373
    お前恥ずかしい奴だな
    236374/2010/10/20(水) 20:57:06 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    簡単に厨二とか言っちゃう人なんなの……
    クオリア問題面白いと思うんだけどなぁ
    236375/2010/10/20(水) 21:11:43 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    クリオア関連て確かに面白いは面白いんだけど、
    結局これって答えの出しようがないから確実に投げっぱなしになっちゃうんだよな。
    てか証明できないことの証明しか向かうところがないし。
    それはそれで一つの答えにはなってんのかな?
    236376/2010/10/20(水) 21:24:29 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    証明不能というか一致していないし
    可視光線として目に見える範囲も人によって微妙に違うし
    そもそも色って、波長、物質の反射特性、色の純度、脳内合成といろんな要素が絡み合ってようやく決まるんだよね。
    236377/2010/10/20(水) 21:24:46 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    定義
    アホ以外の者を全員中二病患者とする

    これで一件落着
    236378/2010/10/20(水) 21:27:29 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    教養の哲学で最初に言われた。
    最初に中二って断定されててちょっとガッカリ。
    236379/2010/10/20(水) 21:59:14 #-[ 編集]


    by  : URL
    でも目が見えない人向けの今は形だけしか認識できないっていう義眼といかなんというか
    そういうのでカラーもいけるようになるだろうから
    そのときにはみんなが同じ色見てるってわかるんじゃない?
    違ったらこの色は青じゃないとかなって数値の調整とかするようになるだろうが。
    236380/2010/10/20(水) 22:32:19 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    ただ疑問に思った事を議論してるのに、勝手にやれ中途半端な哲学だ気に入らないやれ中二病だ気持ち悪い
    おかしいよ
    236391/2010/10/20(水) 23:30:23 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    証明はできないが
    確率で考えるとほぼ一致でいいと思う
    細胞とかDNAレベルまで解析されてちゃんと法則があるんだから
    視覚だけ個人個人てのはないと思う
    236393/2010/10/20(水) 23:43:07 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    これはありえない
    様々な色の組み合わせで、色合いがいいとか悪いとか
    認識した色が違ったら絶対に食い違いが起こる
    236398/2010/10/20(水) 23:58:07 #-[ 編集]


    by  : URL
    スレ内に論点も理解出来てないアホが多くて困る
    後、哲学をなんでもかんでも中二病っていう風潮どうにかならんのかね?
    236401/2010/10/21(木) 00:44:30 #-[ 編集]


    byたかゆき : URL
    誰もが一度は感じる疑問
    236403/2010/10/21(木) 01:06:37 #-[ 編集]


    by  : URL
    自我とかがあるって考えるからおかしくなるんじゃないかと思う。
    観察者として考えて見ればいい。
    人間の頭の中である反応が起きてればそれが赤を見ていることがわかったとして、二人の人間の脳の中にその反応があればそれは同じ赤を見ていることになる。
    そこに全く疑いの余地はないと思う。

    なんてことを考えてみるのが楽しいんだよな。
    中二ちっくでないことはないとおもう。
    236406/2010/10/21(木) 02:18:14 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    まぁでもこれ悪魔の証明に近いだろ
    人間を個として考えた時点で論理がどうやっても破綻する
    だって認識の基準を別の存在にたよらせざるを得ないんだもの
    人が個人として成り立っている時点で”同じ感覚”なんぞ共有できん(出来たつもりになるくらいはできるだろうが)
    人を群体にでも出来ればクオリアの証明ができるかもな
    236408/2010/10/21(木) 02:35:10 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    要するに、ピンクフロイドの狂気のジャケがカッコイイってことだね。
    236410/2010/10/21(木) 03:35:05 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    医学的にすでに黒人の眼球の認識する「黒」は白人の認識よりも「濃い黒」らしい。まぁ、国旗なんかでその国の色ってのは大体ある。自分がドイツで暮らしてたとき「青」は病気の色とドイツ人全般はほぼ共通認識だったがその後英国で暮らし始めて「青」は英国人にとって高貴な色みたいな。ところで君はニーソックスは黒が好きかい?それとも白かい?
    236416/2010/10/21(木) 06:38:21 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    RGB数値云々やら物理的な数値のことを言う人がいるが、それとは問題は別。


    Aさんにとって「赤」と呼び習わしているある色はBさんにとっても当然「赤」
    しかし、Aさんが「赤」を見たときに感じる色はBさんにとって「青」を見たときに感じる色と同じかもしれないということ。
    当然、AさんにとってもBさんにとっても「赤」く感じた色は「赤」と表現するし、RGBのような色を数値化したものでも同じ値を指すことになる。
     ここで違っているかもしれないし、同じであることは証明できないとされているのは特定の波長で数値化された「色の名前」ではなく、それが人体を通して感じた「色の感触」についてだよ。
    とグダグダ述べる。
    236436/2010/10/21(木) 09:58:39 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    マッハ的光景ってあるじゃん

    でもマッハ的光景って「人間すべてがこういう視界をもってる」って前提がすでにあって語られてるジャン

    その前提を証明はできないだろ?

    それとおなじで、自分が見てる赤と他人が見てる赤(とおもわれるもの)は、
    相関図などで表される程度には同じかもしれないが
    やはり証明はできない
    236444/2010/10/21(木) 13:20:32 #-[ 編集]


    by名無しカオス : URL
    RGB数値だって誰かが作ったものさしにすぎないんだから
    各々の感覚での比較にはならないだろ

    みんな難しそうに御託並べてるが、哲学なんて言葉遊びにすぎん
    236456/2010/10/21(木) 18:14:30 #-[ 編集]



    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    | このページの先頭へ |

    カテゴリー

    逆アクセスランキング

    管理人お勧め記事

    はてな人気記事

    最近の記事

    最近のコメント

    リンク集

    過去ログ

    2010年 11月 【9件】
    2010年 10月 【75件】
    2010年 09月 【40件】
    2008年 01月 【14件】
    2007年 12月 【38件】
    2007年 11月 【54件】
    2007年 10月 【69件】
    2007年 09月 【83件】
    2007年 08月 【45件】

    あわせて読みたい

    あわせて読みたい
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。